OPEN JAPAN ブログ - 日々の活動などなど

「牡鹿半島食堂いぶき」4月22日オープン!!  あと30日!

「牡鹿半島食堂いぶき」、本日は厨房機材の搬入をしました!

IMG_0532

厨房機材を愛おしそうに確認する料理長。

ご支援いただいたもの、OPEN JAPAN石巻ベース(旧みうら内科)で長い間活躍していたもの、真新しいもの…混在した、いぶきらしい厨房です。
店舗全体はもちろん、厨房だけでも、本当にたくさんの方の想いがつまっています。
ここで、新たに美味しいものがたくさん生まれます!

さて、前回のブログの答え。
ウッドデッキの手すりの柵(縦)の部分は何を再利用しているか?ですが…
IMG_0520
答えは、これも手すり!(笑)
震災で被災したデイサービスセンターのオーナーさんが、立て壊す際に「使えるものがあったら、何でも持って行っていいよ!」と言ってくださり…
津波をくぐり抜けた手すりを、今度は縦の柵として再利用させていただきました。
この他に、厨房のダクトカバーなどいくつか使わせていただいています。

被災した建具や廃材など、普通では捨てられてしまうようなものも、随所に再利用しています。

ご来店の際は、是非探してみてください!

※工事中の「牡鹿半島食堂いぶき」の見学をご希望の方は、OPEN JAPANまでご連絡くださいませ。なかなか工事中の現場に入れる機会はないと思うので面白いと思いますよ~

Posted in 古民家再生IBUKIプロジェクト | Leave a comment

「牡鹿半島食堂いぶき」4月22日オープン!!  あと35日!

オープンに向けて、着々と準備が進められている「牡鹿半島食堂いぶき」です。

目の前の眺め。防潮堤の工事も進んでいます…

目の前の眺め。防潮堤の工事も進んでいます…

この時期は、雨が降ったり、雪が降ったり、春を感じられるような晴れだったり…

毎日忙しく天候が変わります。

 

いぶきには大きなウッドデッキがあるのですが、現在、手すりを取り付けています。

securedownload[1] (2)

この手すりの笠木に当たる横の部分、地元である大原の杉を利用しています。
とても大きく重たい1本のまま!見栄えのする立派なものです。

ここで、クイズ!
柵に当たる縦の部分、ある物を再利用しています。
何を使っているかと思いますか?
均等の細い木の部分です。

答えは次回。
お楽しみに~♪
※工事中の「牡鹿半島食堂いぶき」の見学をご希望の方は、OPEN JAPANまでご連絡くださいませ。なかなか工事中の現場に入れる機会はないと思うので面白いと思いますよ~

Posted in 古民家再生IBUKIプロジェクト | Leave a comment

「牡鹿半島食堂いぶき」4月22日オープン!!  あと43日!

OPEN JAPAN報告書にも掲載させていただきましたが、

2013年より工事を進めてきた古民家再生IBUKプロジェクトが、ようやく「牡鹿半島食堂いぶき」として4月22日にオープンします!

新しい報告書はこちらよりご覧いただけます。 (※12MB)
http://openjapan.net/wp-admin/images/openjapan_houkoku201703

 

明日だけは工事もお休みさせていただき、明後日からまた準備の毎日です!

牡鹿半島食堂いぶきは、元々あったものや廃材などを活かした店舗づくりをしています。

これからオープンまで、(新しいいぶきHPができるまで)少しずつ色々とご紹介させていただきますね。

securedownload[1] (2)欄間の一部。細工が美しいですよ~

実際にご来店の際は是非探してみてください!

※工事中のいぶきのご見学を希望の方はOPEN JAPANまでご連絡ください!

 

Posted in 古民家再生IBUKIプロジェクト | Leave a comment

古民家再生IBUKIプロジェクト『工事進行状況のご報告』Bubbさんから

工事進行状況のご報告

お久しぶりです!

古民家再生IBUKIプロジェクト、店舗となる母屋内外部の工事は順調に進んでいます。なかなか皆さんにご報告できずにすみません。

IMG_0412

店舗となる母屋内部はほぼ終わっており、あとは最終的な仕上げのみです。
厨房も壁と天井の仕上を今月中に済ませ、後は設備器具等の設置です。

IMG_0397 IMG_0394

トイレも一部の造作を残してほぼ完成しています。

後は細かい仕上作業と外部の外溝工事をがんばります。

母屋内部だけでなく、ここにも解体で出た資材を多用していきます。

 

蔵の工事

母屋の裏手山側に建っている築120年近い土蔵、津波の引き波を別けて母屋を守った蔵。

この蔵戸にはくっきりと津波の痕が残っています。

蔵が受けた津波の爪痕は大きく、昨年行政から倒壊危険性があるため解体の指示がありました。

しかし付近に津波の痕跡がある建家等が無いため、IBUKIプロジェクトとしては辛く大切な記録を蔵戸に残した土蔵を保存する工事を昨年春から開始しました。

IMG_9554 IMG_9625

当初は蔵戸のみを残す計画でしたが、中も使えるように蔵の復元計画で工事を進めています。

IMG_0402 IMG_0401 IMG_0093

IBUKI母屋はご支援ご寄付ご協力していただいている皆様のおかげで、5年の年月を費やしましたが、今春開業に向け急ピッチで工事を進めていますが、土蔵改修工事にかかる費用500万円の資金が不足しています。
店舗がオープンした後も、蔵の工事は地道に続けていきたいと思います。

今一度皆様方にご協力をお願いいたします!

事務局より
※震災伝承や震災の語り部等で、“津波の跡”の残った蔵をお使いになりたい方、現場見学をご希望の方がいらっしゃいましたら、OPEN JAPANまでご連絡ください。
店舗のオープン等はまた、ご案内させていただきます。

Posted in 古民家再生IBUKIプロジェクト | Leave a comment

工事再開!古民家再生IBUKIプロジェクト

お久しぶりです!

なかなかお伝え出来ずにおります古民家再生IBUKIプロジェクトですが…紆余曲折ありながらも少しずつ、でも着実に工事は進んでおります!

ご支援いただいている皆様にはご心配おかけして申し訳ありません。

本当にっ!たくさんの問題を抱えながらも…地元の皆様の期待とご支援いただいている皆様の気持ちを胸に、ひとつひとつ解決しながら進めています。

「今、どんな感じ?」「なかなか牡鹿に見に行けないよ~」という声を受けて、現在の工事状況を少しずつお伝えしていこうと思います。

 

古民家再生IBUKIプロジェクトで修復している家屋は、あの津波を大きく受けている建物です。

普通なら捨ててしまうであろう物を出来る限り再利用している為、古材のほこり落とし・洗浄・乾燥などの作業も日常的に行っています。

img_0070

img_0073

蘇った木材は、新たに加工され店舗内の仕上げや家具になっていきます。

img_0078 img_0087

IBUKIは太平洋の目の前!作業中、現場からは美しい海を臨むことが出来ます。

img_0088

母屋の修復はなんとか目処がつき、来春オープンに向けて作業中です。
これからは、少しずつ皆様に現場の状況をお知らせしていきますので、どうぞお付き合いください。

また、現場見学を希望の方は、いつでもご連絡ください!

 

 

Posted in 古民家再生IBUKIプロジェクト | Leave a comment