OPEN JAPAN ブログ - 日々の活動などなど

マニュアル作成開始

ようやく、マニュアルを作成できるようになりました。今までも、写真の分類などで、議論のたたき台としてや、長期メンバーへの説明用にいくつも作成してきましたが、これから初めて写真洗浄にかかる人達へ向けて作成する本当のマニュアルは、初めてです。

今回の災害に対しては、写真救済も既に手遅れになりつつありますので、もし、次回というものがあるとすれば(ない方が良いに決まっていますが)、その時、少しでも役立てばと思います。

何しろ、福地で、方針と方法が確定するまでに、多大な時間を、試行錯誤と議論に費やしてきました。7月1日より始めて、最終確定もつい先日の事、また、さらに改訂が必要になる可能性も高いです。正直、それがなければ、もっと多くの写真を早期に救えたという思いもあります。

ただ、今も思い返すに、福地は、作業スペースや資材予算など、いろいろと恵まれているので、さまざまな現場で、どこまで参考になるかはわかりませんが。

他の現場での写真の作業マニュアルをいくつか拝見しましたが、こうするという結果だけが記載してあり、どうして、そうするようになったのかという、一番気になる過程がほぼ省かれていましたので、そこを重点的に記入する別紙も作ろうかと思ってもいます。

まあ、自己満足の面もあるので、ほどほどにしておかないと、凝りすぎてしまいそうです。できたら、また、報告します。

 

Posted in 写真プロジェクト | Leave a comment

遺体捜索のはなし

昨日、大川小学校児童も含めた、北上川河口近辺の遺体捜索が終了しました。

いまだ、4名の児童の遺体は見つからないまま。

写真を探しに来た方たちの中にも、家族に行方不明者がいる方は多く、

私も、話した何人もの顔が浮かびましたが、その心中、如何ばかりか。

一転して、本日は、地元福地に居を構える、

RQというボランティア団体が慰労会を開き、そこに呼ばれていたので、

少し、お邪魔してきました。ボランティアを支援するボランティア団体から食材をいただき、

こちらへきて、初めてのBBQを楽しませて頂きました。

山あり、川あり、田畑ありの、古き良き日本の田舎を彷彿とさせる環境と古民家で、

火の爆ぜる音と虫の音を背に、透き通った星空を見上げていると、

とても、まだそこかしこに強い悲しみが存在する土地には、思えません。

こういう時、家族を全て失い、自分一人が生き残った人に対して、

その家族の写真を返すことが本人の強い希望だとしても、

本当にその人の為になるのか、また改めて悩み始め、振り出しに戻るのでした。

 

Posted in 写真プロジェクト | Leave a comment

複合機のスキャンが・・・

本日の、大川小・福地の写真プロジェクトは、

一昨日よりの複合機のスキャン機能の不調により、一部作業がストップ、

全体的な流れに影響を及ぼしています。

カスタマーサポートへの3度目の連絡も、電話対応では限界で修理に出してほしいとのことで、

どうしたものかと頭を悩ませています。

(新品複合機も最初から白い線が入り、PCを変えても、ドライバをインストールしなおしても、ダメ。)

昨日からの横浜のボーイスカウト達とRQの市川さんが、素晴らしい動きをしてくれて、

なんとか作業を止めずに終了できました。

ボランティアさんが多く来てくれるのは助かりますが、

せっかく来て頂いたのに、無駄に過ごしていただくわけにはいかないので、

作業を作り出すほうとしては、心臓に悪いです。

明日は、人数も少なくゆっくりだと思われるので、

たまった仕事やイレギュラー作業をやっつけていきますかね。

 

Posted in 写真プロジェクト | 2 Comments

大川小跡地について

福地でやっている作業は、かなりの部分を大川小学校の品物が占めます。

いろんな方が、ボランティアとして来て、作業して頂きますが、9割以上の方が、短期で一日、石巻市にお越しになり、宿泊先を朝出て、ほぼ復興した石巻市を見ながら、福地で作業に入り、一日を終えて、そのまま帰られます。

それはそれで、非常にありがたいことなのですが、私個人としては、たとえ9時からの作業に間に合わなくても、朝一度、大川小学校跡地で手を合わせ、それから、体育研修センターに来てほしいと思います。

私自身、最初に、大川小学校跡地に連れていってもらった時の衝撃は、忘れられません。どんなに朝のミーティングで言葉を尽くしても伝わらないものが、現地に行くだけで、分かって頂けると思います。

今回は、写真はあえて載せません。写真や映像では、(少なくとも私は)ほぼ何も感じ取れないのだということを、改めて感じています。是非、一度、現地へ足を運んでいただければと思います。

 

Posted in 写真プロジェクト | Leave a comment

7月2日、これからの福地(大川小周辺拾得物の洗浄・展示)

本日より、私・広部は、石巻市にある大川小学校周辺の拾得物が集められている、

福地体育研修センターで拾得物の洗浄・展示に関わっていきます。

特に、徐々にバクテリアに浸食されている写真をメインとして、

できる限り、地元の方たちの意向に沿った方法で、

きれいにした品物をお返しすることができればと思っています。

大川小学校は、児童を含め約7割の方が津波により命を落とされた象徴的な現場であり、

その周辺地域においても、水没して既に土地自体ない方達がいらっしゃる地域でもあります。

4月から、がれきの間から出てくる捨てられない品物を、とにかく集めていたようですが、

ようやく6月18日より、ボランティアの手が入るようになり、現在に至るようです。

写真の画像は、どんどん消失していってしまいますので、

一刻も早く、多くの写真を救うとともに、生き残った方たちの心の支えになるような、

位牌、ランドセル、学習用品、日記帳など、大事な品物をきれいにしていくつもりです。

 

Posted in 写真プロジェクト | Leave a comment