OPEN JAPAN ブログ - 日々の活動などなど

石巻にて仮設住宅支援・古民家再生IBUKIプロジェクトの現状  (月とカヌー・鈴木よしこより)

161105k

オープンジャパンの助さんから、「5日、仮設住宅で落語会&炊き出し鍋をする」との連絡を受け、石巻行きを決めました。気になっている古民家再生IBUKIプロジェクトの進行具合をみることも目的のひとつです。
161105
牡鹿半島大原浜の区長さんにご挨拶に行き、お話を伺います。大原の住人になったオープンジャパンの仲間チセちゃんにも会うことができました。
古民家IBUKIはガラスも入り、壁も張られていて大きな大工作業は終えた感じでした。内装、水回りなどまだまだやることはありますが、古民家の再生はほぼ成されたという印象です。蔵の修復もお見事、地元オガタ棟梁の技だそうです。さすがです。
161105b
古民家が再生されたら次はそこに息吹を注ぎ込み、生きた家として機能させることです。古民家再生IBUKIプロジェクトは今月8日から工事再開の予定です。
161105d
小渕浜の漁師佐々木さんにご挨拶に伺いました。助さんと合流して一緒にお話を伺いました。その後かさ上げし新しくなった女川の町を見ました。駅には温泉があり、目の前はおしゃれな広場になっていて海までお店が並んでいます。ダンボールでできた「ダンボールギーニ」のショップ、スタバ風なカフェ、美味しそうなビールの看板、お土産ものやさん。まるでアメリカ西海岸のような風景に、地場の海産物を用いた「ほやきそば」「さんまパン」「海鮮丼」ののぼりがはためいていました。駅の足湯で地元の方にお話を伺いました。震災前から駅近くには温泉があったそうで、新しくなった今もよく利用しているそうです。便利になったところもあるけれど、高台に移転したので歩くのが大変だと言っていました。新しくなった女川町、石巻から電車で来られるので観光で訪れる人が増えそうです。宿やゲストハウスができれば、一泊女川で過ごす旅プランができるだろうあ、そんな印象を受けました。
161105e
6日朝8時、オープンジャパン2階キッチンにて、ボランティアに来てくれたSMFG (三井住友フィナンシャルグループ)の方々と今日の炊き出しの仕込みをします。
161105g
落語家の昔々亭慎太郎(せきせきていしんたろう)さんを乗せた助さん号と、はからめ号が一足先に十三浜にあるにっこりサンパーク仮設住宅に着き準備をしていると、宮城弁のラジオ体操が流れ始めました。毎日10時にラジオ体操をしているそうで、わたしも仲間に入れてもらいました。
161105i
11時から集会所で落語会、牡蠣鍋とたこ焼きの振る舞いをしました。SMFG の方には前回もこちらの仮設住宅でお手伝いしていただいたので、住民の方との交流も育まれていてとてもいい会となりました。みなさんの熱い心に感謝です。
161105h
(前振り無しで高座に上げられてしまった助さん。)
161105j
(寒い外での作業、おつかれさま。)
161105n
(たこ焼き係はやはり関西人におまかせ)
161105m
(地元の方々に交ざって沢山お話聞いたり話したり。)
161105l
片付け終わって振り返りの時間に「福島から来ている仲間です。福島の話をちょっと。」と助さんがわたしたちに話をする時間をつくってくれました。福島で生活している私たちが伝えたことは放射能のこと。この重いテーマを、これからの日本と世界で活躍していく方々に考えてもらいたいと思う気持ちから話させていただきました。
161105o
仮設住宅をあとに、津波の被害のあった大川小学校に祈りを捧げ、その後みなさんと道の駅でお別れしました。人とのご縁をつなぎ、その縁をまたつないでいく、それが町を再生させていくことになるのだとあらためて感じた今回の石巻でした。
161105c
震災から5年が経過し、町には新しい店舗や復興住宅が建てられていました。海沿いには津波除けの防波堤が建設されはじめ、仮設住宅の統合や取り壊しの話を聞きました。
オープンジャパンの事務所で代表タケちゃんと話します。今必要なことは水害の被害のあった岩手県岩泉町を支援していくこと、現場に入っている仲間を支えていくことだと聞き、そのためにわたしたちができることを話し合いました。
太平洋側の道から福島に戻りました。通れるようになった高速道路には放射線量の数値を示す看板が立ち、高いところでは「現在3.0マイクロシーベルト」と表示されていました。ガイガーカウンターのアラームは鳴り続け、すれ違うトラックには「除染土壌等運搬車」との表示がされています。表土がはがされた田んぼや畑、積み上げられた汚染土。そこではもちろん人が作業をしています。重機とトラックがあちこちで動いています。石巻とはまた異なる風景です。5年経った今でも放射能はなくなっていません。
石巻マラソン大会出場前日にもかかわらず泊めてくれた友人夫妻には限りない感謝です。(完走したと聞きひと安心しました!)ボランティア活動でなくとも、こうして石巻に友人を訪れることができるようになってとても嬉しいです。 いろいろ考えさせられる、いろいろ自分で考える、そして行動する。今回も学び多き旅でした。    (よ)

************************************************************
月とカヌーのWEBサイトより転載

************************************************************

Posted in 古民家再生IBUKIプロジェクト, 地域、コミュニティー | Leave a comment

KEEN オープンジャパンの支援活動への寄付、マッチング・ペイ開始


オープンジャパンの仲間たちが熊本など被災地で活動を本格的に開始しています。
この度、オープンジャパンの活動を支援して下さっている企業の1つであるKEENが、熊本地震においてのオープンジャパンの支援活動への寄付、「マッチング・ペイ」を開始しました。マッチングペイとは、みなさまがオープンジャパンにご寄付頂いた金額と同額をKEENがさらに寄付するという仕組みです。ぜひ皆様の気持ち、倍にして被災地へお届けさせて下さい。
詳しくはこちら、KEENのWEBサイト内ブログをご覧下さい。

Posted in 緊急支援プロジェクト | Leave a comment

常総市の現状(月とカヌー(はからめ)のWebサイトより転載)


先月の関東東北豪雨から1ヶ月が経った今、被害が大きいと言われている常総市の現状を把握しようと思い、災害が起ってからずっとボランティア活動を続けている仲間と連絡を取り少ない時間ではあるが現地に向かった。
常総市に到着すると、まず被害にあった地域が、ひとつの場所に集中しておらず、広い範囲に点在しているという現状を感じた。現地で活動している仲間たち、 「オープンジャパン」&「ゆいまーる」のひーさー、同じく「ゆいまーる」のトムちゃん、とおるくん。他、はっちゃん、コイシさん、なおちゃん、すみれちゃ ん、ベースに戻るとチャン、コバケンさん、NPO連絡会議ミーティングでは、クロさん、マっちゃん、マナミちゃんなどなど、災害地でしか会わない・・・そんな事ないか、頼もしい顔ぶれ。

地元の方々や仲間たちの話しを聞き常総市の現状を感じる。「昨日初めてボランティアが入った地域があるのだけれど、入ったのは床上1mの1軒、ってことはこの住宅地の他の人達って・・・。」や、「ある地域は1ヶ月間ボランティアを断ってきた。その結果・・・。」「2階の床下浸水(普通は床上2mとか言 う)、2階に住みながら1階の片付け、畳も上げられずカビはじめている」「未だ避難所となっている体育館、暖房は無く明日冬用の布団が配られる」などな ど。
社会福祉協議会が立ち上げたボランティアセンターとの連携、役所、行政との連携、他の団体との連携、上手くいくところとそうで無いところとが徐々に見えてきている。
夜はよし子が以前送った材料でカレーを作り、それを囲んで色々な話しが飛び交う。みんなで笑いながら話すのだが、全て本気、本音、被害状況、支援状況などの話しなところが面白い。
16日朝、ラジオ体操参加者は数名。朝早く出るつもりだったが、ほとんどボランティアが入っていない地域があるという話しを聞いたので寄ってみる事にした。1軒のお宅では、ご夫婦で口を揃えて「これから1年かけてゆっくりと片付けをしようと思っていました・・・。」と。僕たちがその話しを聞いているお隣の家では、おじいちゃんが完全に水に浸かった納屋を1人で片付けているのだが、物量とおじいちゃんの動きを見ているとこう想像してしまう。「もしこのおじ いちゃんがこの先も1人でこの納屋を片付けていくのであるとしたら、このおじいちゃんの残りの人生片付けで終わってしまうであろう。」と。そんな家がまだまだ沢山ある、これが現状だ。

アウトドア用品は災害時には日用品となる。現在は土日休日に行われている炊き出しなどには各団体がOPEN JAPANのベースに保管してある、イージーキャノピー(ワンタッチタープ)やテーブル、チェアーなどの機材を借りに来て野外炊き出し場を作るという流れ になっているという。また、各地域の受け入れスタッフは1、2週間で「サテライト」と呼ばれるボランティア受け入れポイントを移動しながら活動している。 そんなサテライトでも、コールマン機材は大活躍。
なんだかコールマンの宣伝のようになってしまったが、これも現状である。1日に思いを集中してやってくる 何人ものボランティアさんの気持ちを一滴も無駄にしないように地元に流すために、一日中頭を使って最善の方法を考えているボランティアもいるのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
コールマンジャパン株式会社
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<OPEN JAPANの緊急支援プロジェクトへご協力お願いします>

オープンジャパンの緊急支援活動は、
心ある皆様の継続的支援のおかげで活動させていただいております。
被災地への継続的な支援を活動を行う為に、
緊急支援のサポート、ご協力をよろしくお願いします。

郵便振替口座 02250-5-126661口座名 一般社団法人 OPEN JAPAN
●他の金融機関から 店名 二二九(ニニキユウ)店 当座 0126661

Posted in 物資支援, 緊急支援プロジェクト | Leave a comment

震災復興支援コンサート for 古民家再生IBUKIプロジェクト

古民家再生IBUKIプロジェクトを支援するためのコンサートが開かれます。
インドネシア、バリ島のガムラン演奏と古典的な舞踏のコンサートです。
ご興味のある方、関東近郊の方、ぜひぜひ足を運んで下さい。

震災復興支援コンサート 表

Posted in 古民家再生IBUKIプロジェクト | Leave a comment

3月11日 IBUKIプロジェクト 安全祈願式

牡鹿半島に人と物と情報の流れを作る古民家再生IBUKIプロジェクト

震災から2年の今日、修復工事がいよいよスタートです。

大原浜の地元の方々、他牡鹿半島の方々、そして大原浜に気持ちを寄せるボランティアのみんな、総勢40名以上が集まり安全祈願式を行いました。

Posted in 古民家再生IBUKIプロジェクト | Leave a comment