OPEN JAPAN ブログ - 日々の活動などなど

OPEN JAPAN、現在の支援活動

台風15号、19号の被害が連日テレビでも取り上げられている中、今年8月に起きた九州北部の豪雨で被害が大きかった佐賀県大町町で約2ヶ月間活動を続けてきました。地元の団体と連携をしながら住民の方々に寄り添った支援活動を継続、その佐賀での活動が本日最終日をむかえ、住民の方々に感謝会を開いていただきました。そして明日から別の被災地へと向かうオープンジャパンのメンバーがいます。

佐賀での活動が最終日をむかえ、住民の方々に感謝会を開いていただく

ここ数日のメンバーの動きを上げても、長野県千曲川が決壊した現場では重機を使った土砂の撤去作業、オープンジャパンの拠点である宮城県石巻からはカーシェアリング、そして宮城県丸森町でも重機作業、茨城県大子町では、泥水で浸水した家屋を住めるようにするまでの一連の作業を、講習会を開き住民の方々にレクチャー、などなど。
今回の広域自然災害では、1箇所に集中して支援し続けることができず、個々がそれぞれの場所で、新しい仲間たちと一緒に支援にあたっています。(もちろん古い仲間も一緒。)
それぞれが支援に入っている場所は違っていても、情報を共有し合い、必要なところに必要な人や物を向けるネットワーク型の支援活動、それがOPEN JAPANの大きな特徴と言えるのかもしれません。

狭い道に災害廃棄物が溢れ、早朝から夜遅くまで瓦礫の運搬作業(長野)
発災から2週間経つが、発災当初のままのお宅がまだまだある(宮城県丸森町)
床上浸水したお宅の復旧講習会(茨城県大子町)

現在、OPEN JAPANに寄付していただいた額の倍の額をKEENが支援してくれるというマッチングペイ期間中。(詳細は上の黄色いバナーをクリック。)
 

●以下情報発信をしているページへのリンクを掲載します。

・ オープンジャパン緊急支援 Facebookページ
各災害地にて活動している様子を随時更新しています。

・ 日本カーシェアリング協会 Facebookページ


■OPEN JAPANよりご支援のお願い

OPEN JAPANの活動は皆様からのご支援によって支えられております。災害発生時、初動の緊急支援ではベースの立ち上げや、活動に必要な機材の運搬や燃料など、全て皆様の気持ちが形となり被災された方々への支援と繋がっております。また、地域の方々との繋がりを大切にし、今、何が必要とされているかを常に考え、臨機応変に対応し、各被災地で活動を続けさせて頂いております。
こうした全ての活動の源となるOPEN JAPANの活動費へのご支援を是非よろしくお願い致します。
現在、上記「KEENマッチングペイ」他、マンスリーサポーターも募っております。ご支援の情報は、以下のサイトからご覧ください。

OPEN JAPANよりご支援のお願い
Posted in 携帯投稿 | Leave a comment

KEENによる「台風15号・19号緊急災害支援マッチングペイ」がスタート

現在、台風15号,台風19号災害の支援にあたっているOPEN JAPANの支援活動に対して「KEEN マッチングペイ」がスタートしました。
「KEEN マッチングペイ」とは、皆様がご寄付くださった額と同額をKEENが上乗せして寄付していただける仕組みです。例えばあなたがOPEN JAPANに1000円のご寄付をいただけると、同時に同額の1000円をKEENがOPEN JAPANに寄付いただけることとなります。詳しい内容は「KEEN BLOG」をご覧ください。

「KEEN マッチングペイ」をご利用してのご寄付方法は、こちらのページ(http://openjapan.net/shien/support)よりお願いいたします。

期間は10月15日〜11月15日までの1ヶ月間、ぜひこの機会に皆様の思いを2倍にして被災地支援を!

  

●以下情報発信をしているページへのリンクを掲載します。

・ オープンジャパン緊急支援 Facebookページ
現地にて活動している様子を随時更新しています。

・ 日本カーシェアリング協会 Facebookページ


■OPEN JAPANよりご支援のお願い

OPEN JAPANの活動は皆様からのご支援によって支えられております。災害発生時、初動の緊急支援ではベースの立ち上げや、活動に必要な機材の運搬や燃料など、全て皆様の気持ちが形となり被災された方々への支援と繋がっております。また、地域の方々との繋がりを大切にし、今、何が必要とされているかを常に考え、臨機応変に対応し、各被災地で活動を続けさせて頂いております。
こうした全ての活動の源となるOPEN JAPANの活動費へのご支援を是非よろしくお願い致します。
現在、上記「KEENマッチングペイ」他、マンスリーサポーターも募っております。ご支援の情報は、以下のサイトからご覧ください。

OPEN JAPANよりご支援のお願い
Posted in 携帯投稿 | Leave a comment

令和元年台風15号、台風19号災害支援

令和元年9月に発生した台風15号による千葉県を中心とした被害、その傷が癒えぬうちに関東地方、東方地方を襲った猛烈な勢力の台風19号による被害。立て続けに発生した台風により日本の広範囲に多くの被害が発生しました。


台風15号の被災地、千葉で活動をしていたオープンジャパンの仲間たちと連携団体は、台風19号の発災翌日に、氾濫した多くの河川により浸水した地域へと向かいました。
被害が広範囲に及ぶため、オープンジャパンのメンバーは、長野、宮城、福島と支援を開始しました。長野県千曲川ではカヌーをカタマラン方式にし、総勢100名の方を取り残された家屋から救出するなどの人命救助からスタート。また、宮城県石巻市にあるオープンジャパンの事務所も床上浸水の被害にあいました。現在のところ支援ベースを構えずにメンバーが点在している被災地で支援を行なっております。

●以下情報発信をしているページへのリンクを掲載します。

・ オープンジャパン緊急支援 Facebookページ
現地にて活動している様子を随時更新しています。

・ 日本カーシェアリング協会 Facebookページ


■OPEN JAPANよりご支援のお願い

OPEN JAPANの活動は皆様からのご支援によって支えられております。災害発生時、初動の緊急支援ではベースの立ち上げや、活動に必要な機材の運搬や燃料など、全て皆様の気持ちが形となり被災された方々への支援と繋がっております。また、地域の方々との繋がりを大切にし、今、何が必要とされているかを常に考え、臨機応変に対応し、各被災地で活動を続けさせて頂いております。
こうした全ての活動の源となるOPEN JAPANの活動費へのご支援を是非よろしくお願い致します。
ご支援の情報は、以下のサイトからとなっております。

OPEN JAPANよりご支援のお願い
Posted in 緊急支援プロジェクト | Leave a comment

令和元年八月九州豪雨 


オープンジャパンの緊急支援チームは、今回の九州豪雨での被害において、佐賀県を中心に活動を始めております。


現地での詳しい活動内容は、「OPEN JAPAN 緊急支援プロジェクト」のFacebookページをご覧ください。

●以下情報発信をしているページへのリンクを掲載します。

・ オープンジャパン緊急支援 Facebookページ
現地にて活動している様子を随時更新しています。

・ 日本カーシェアリング協会 Facebookページ


■OPEN JAPANよりご支援のお願い

OPEN JAPANの活動は皆様からのご支援によって支えられております。災害発生時、初動の緊急支援ではベースの立ち上げや、活動に必要な機材の運搬や燃料など、全て皆様の気持ちが形となり被災された方々への支援と繋がっております。また、地域の方々との繋がりを大切にし、今、何が必要とされているかを常に考え、臨機応変に対応し、各被災地で活動を続けさせて頂いております。
こうした全ての活動の源となるOPEN JAPANの活動費へのご支援を是非よろしくお願い致します。
ご支援の情報は、以下のサイトからとなっております。

OPEN JAPANよりご支援のお願い
Posted in 緊急支援プロジェクト | Leave a comment

お世話になりました・旧渓筋小学校・幼稚園の返却

西日本豪雨での支援活動をさせていただいた愛媛県西予市。
ベースにさせていただいた小学校、幼稚園の撤収・返却を行いました。

 西予市へご縁を頂き11ヵ月。はじめは、現在の仮設住宅がある運動公園の駐車場を拠点とし活動を開始し、7月の下旬にお借りしたこの渓筋宿泊ベース。敷地内を流れる川は蛍が出るほど清らかで、シャワーがわりに汗を流すメンバーもいました。

 8月9月の暑い夏は夏休みやお盆休暇を使い全国各地や、世界中から沢山の方が渓筋へ来てくださいました。多い時には40人以上の宿泊者が、朝は初めましての自己紹介から始まり、活動が終わると、時には近所の方からもらった野菜を使いみんなで作った食事を囲みながら、その日あったこと、様々な意見や考え、体験、経験を語らい共有し交流を深めていく姿も。

 台風シーズンには、これ以上の被害がない様祈りながら、そして自分たちも2次被害にあわないようにと、台風が来るたび対策に追われたりしました。

 暑さが落ち着いたかと思えば、標高が少し高い渓筋は四国とは思えない冷え込みや雪化粧を見せてくれ水道が凍結するハプニングにも見舞われました。

 徐々に寒さも和らぐと同時に、ニーズも落ち着きだんだんと緑の数が増え気が付けば早一年。住人さんと出会えば、ゆっくりと冗談を言って笑い声が絶えない会話ができるようになりました。「また来てね、いつでも待ってるから!」別れ際に見送られるときは、そう言って背中を押し続けてくれています。

 OPEN JAPANは西日本豪雨という広域災害から、初めてインターネットを通じて「ボランティア活動募集」を行いました。初めてのこともありスタッフも不慣れなところもあったかもわかりません。しかし、ご縁を頂いた皆さんの手助けを頂き、のべ2500名の方と共に西予市を中心に宇和島市吉田町、大洲市などでの活動を行うことができました。それも、住民さんのご理解はもちろん、国内さらには国外から自分の時間を使い足を運んでくださったみなさん、そしてこうして日々の活動をチェックして私たちの活動を応援してくださっているみなさん、本当にありがとうございました。

・ オープンジャパン緊急支援 Facebookページ
現地にて活動している様子を随時更新しています。

・OPEN JAPANへのご支援のお願い
http://openjapan.net/shien/201809hokkaidoujishin

Posted in 緊急支援プロジェクト | Leave a comment