OPEN JAPAN ブログ - 日々の活動などなど

OPEN JAPAN 災害支援専用のWEBサイトを立ち上げました。

OPEN JAPAN災害支援のWEBサイト


毎年度重なる自然災害により被害にあわれた方々へ寄り添うため、そして支援の手を差し伸べようという全国の方々のため、私たちOPEN JAPANは災害支援に特化した情報発信ができるWEBページを開設いたしました。

OPEN JAPAN災害支援 WEBサイト
https://saigaishien.openjapan.net

今までの活動や災害に対する情報の共有、そしてこれからの活動、方向性などをできるだけわかりやすくお伝えしたいと考えております。

まずは目先の九州を中心とした令和2年7月豪雨への対応についての情報発信、そして今後は徐々にではありますが、過去の災害で被災された地域の様子など「災害」というキーワードをOPEN JAPANならではの幅広い視点で捉えていくページにしていきたいと考えております。

ぜひこのページをブックマーク、そして周りの皆様にもお伝えいただけると幸いです。

Posted in 携帯投稿 | Leave a comment

令和二年七月豪雨に対するOPEN JAPANの活動について

日本各地で起きている今回の豪雨災害に対し、犠牲となられた皆様のご冥福を心よりお祈りし、被害を受けた皆様にお見舞いを申し上げます。

私たちOPEN JAPAN緊急支援プロジェクトはこの災害に対し、活動準備をしている最中です。今回、懸念されていた新型コロナウイルスとの複合型災害となり、熊本ををはじめとする各自治体およびJVOAD(全国災害ボランティア支援団体ネットワーク)、KVOAD(くまもと災害ボランティア団体ネットワーク)が県外からのボランティアの見合わせを求めています。県内医療機関も被災し、過密状態となる避難所でのクラスター感染などの危険性を鑑みての苦渋の判断であると思います。
同時に、災害の規模と性質を考えたときに密となる集中型のボランティア活動を避け、各災害地での経験がある技術系オペレーターおよびコーディネーターが災害に対する専門家として少数で感染対策を講じた上で活動することは必要であると私たちは考えます。
新型コロナウイルスの流行以来、OPEN JAPAN緊急支援プロジェクトは活動していた宮城県丸森町でコロナへの対策を行い、町内にとどまり備えを行ってまいりました。丸森町ではいまだコロナ感染者は確認されていません。さらに隔離および健康管理の時間を持ち、動く場合には万全の状態を期してまいります。
また、現場に行くことだけではなく、後方からできる支援を行います。

すでに熊本の人吉市には弊団体の理事である吉村(助さん)が個人として入り、吉村の団体であり、OPEN JAPAN構成団体でもある「ヒューマンシールド神戸」として重機を持ち込み活動しています。OPEN JAPANのもう一つの活動の柱、「日本カーシェアリング協会」も九州の自治体から要請を受け、車を流されたみなさまに車をお届けできるよう、代表の吉澤が九州入りし、関係機関と調整をおこなっております。これからもまだ時折強い雨が予報されています。さらなる被害がないことを祈りながら備えるべきは備え、動きを調整していきます。

今後他の地域で災害が起きた場合には、規模により活動場所を決めて参ります。いつもご支援、お力添えをいただいている皆様にはもどかしい思いをされている方もいると存じます。この豪雨災害、そしてコロナという災害に立ち向かうべく、私たちは動いています。それぞれの場所で、それぞれができることを。そして何よりも被害にあわれた方々に安心してもらいながら、必要とされていることをできるよう全力を尽くしてまいります。ご理解をいただくとともに、引き続きの応援、ご支援のほど何卒よろしくお願いいたします。

●以下情報発信をしているページへのリンクを掲載します。

・ オープンジャパン緊急支援 Facebookページ
各災害地にて活動している様子を随時更新しています。

・ 日本カーシェアリング協会 Facebookページ
熊本での「災害サポートレンタカー」を開始しました。


■OPEN JAPANよりご支援のお願い

OPEN JAPANの活動は皆様からのご支援によって支えられております。災害発生時、初動の緊急支援ではベースの立ち上げや、活動に必要な機材の運搬や燃料など、全て皆様の気持ちが形となり被災された方々への支援と繋がっております。また、地域の方々との繋がりを大切にし、今、何が必要とされているかを常に考え、臨機応変に対応し、各被災地で活動を続けさせて頂いております。
こうした全ての活動の源となるOPEN JAPANの活動費へのご支援を是非よろしくお願い致します。
現在、上記「KEENマッチングペイ」他、マンスリーサポーターも募っております。ご支援の情報は、以下のサイトからご覧ください。

OPEN JAPANよりご支援のお願い


Posted in 携帯投稿 | Leave a comment

令和二年。OPEN JAPAN、今年の活動がはじまりました。

年末年始を各地で過ごしたり、丸森で留守番にあたっていたメンバーも集合、ひさしぶりに宿泊ベースで夜が明けてみれば一面の銀世界。

まずはボラセンに集まったOJボランティアや社協のみんなで雪かきからスタート、その後9日のボランティアセンター開始に向けて現地調査やニーズの確認、資機材の準備を開始しました。コミュニティニーズで使う絵馬の準備もしながらそれぞれ一年の抱負を描いたりもしました。

寒さの中おとずれた耕野地区では特産の「あんぽ柿」の出荷シーズンまっさかり。お手伝いも総出で箱詰めを行っておられました。みなさんそれぞれの生活が続いています。
今年も住人の皆様と歩みをあわせながら支援活動を続けていきます。

本年も応援、ご支援、ご協力のほどよろしくお願いいたします。



●以下情報発信をしているページへのリンクを掲載します。

・ オープンジャパン緊急支援 Facebookページ
各災害地にて活動している様子を随時更新しています。

・ 日本カーシェアリング協会 Facebookページ


■OPEN JAPANよりご支援のお願い

OPEN JAPANの活動は皆様からのご支援によって支えられております。災害発生時、初動の緊急支援ではベースの立ち上げや、活動に必要な機材の運搬や燃料など、全て皆様の気持ちが形となり被災された方々への支援と繋がっております。また、地域の方々との繋がりを大切にし、今、何が必要とされているかを常に考え、臨機応変に対応し、各被災地で活動を続けさせて頂いております。
こうした全ての活動の源となるOPEN JAPANの活動費へのご支援を是非よろしくお願い致します。
現在、上記「KEENマッチングペイ」他、マンスリーサポーターも募っております。ご支援の情報は、以下のサイトからご覧ください。

OPEN JAPANよりご支援のお願い


Posted in 緊急支援プロジェクト | Leave a comment

台風15号・19号緊急災害支援マッチングペイ達成!

皆様のおかげでKEENによるマッチングペイ、目標金額に達成いたしました。
いただいた力を住民の皆さんの笑顔に変える活動をさらに進めていこうと思います。ご協力いただいたみなさま、そしてKEEN、ありがとうございました。

冬の寒い時期に突入、各地での支援も長期化していくなか、常に今何が必要か、何が求められているかを一人一人が感じ、現地の方々と協力しながら支援を続けさせていただきたいと思っています。

今後とも心のご支援よろしくお願いいたします。

 
  

●以下情報発信をしているページへのリンクを掲載します。

・ オープンジャパン緊急支援 Facebookページ
各災害地にて活動している様子を随時更新しています。

・ 日本カーシェアリング協会 Facebookページ


■OPEN JAPANよりご支援のお願い

OPEN JAPANの活動は皆様からのご支援によって支えられております。災害発生時、初動の緊急支援ではベースの立ち上げや、活動に必要な機材の運搬や燃料など、全て皆様の気持ちが形となり被災された方々への支援と繋がっております。また、地域の方々との繋がりを大切にし、今、何が必要とされているかを常に考え、臨機応変に対応し、各被災地で活動を続けさせて頂いております。
こうした全ての活動の源となるOPEN JAPANの活動費へのご支援を是非よろしくお願い致します。
現在、上記「KEENマッチングペイ」他、マンスリーサポーターも募っております。ご支援の情報は、以下のサイトからご覧ください。

OPEN JAPANよりご支援のお願い


Posted in 携帯投稿 | Leave a comment

OPEN JAPAN、現在の支援活動

台風15号、19号の被害が連日テレビでも取り上げられている中、今年8月に起きた九州北部の豪雨で被害が大きかった佐賀県大町町で約2ヶ月間活動を続けてきました。地元の団体と連携をしながら住民の方々に寄り添った支援活動を継続、その佐賀での活動が本日最終日をむかえ、住民の方々に感謝会を開いていただきました。そして明日から別の被災地へと向かうオープンジャパンのメンバーがいます。

佐賀での活動が最終日をむかえ、住民の方々に感謝会を開いていただく

ここ数日のメンバーの動きを上げても、長野県千曲川が決壊した現場では重機を使った土砂の撤去作業、オープンジャパンの拠点である宮城県石巻からはカーシェアリング、そして宮城県丸森町でも重機作業、茨城県大子町では、泥水で浸水した家屋を住めるようにするまでの一連の作業を、講習会を開き住民の方々にレクチャー、などなど。
今回の広域自然災害では、1箇所に集中して支援し続けることができず、個々がそれぞれの場所で、新しい仲間たちと一緒に支援にあたっています。(もちろん古い仲間も一緒。)
それぞれが支援に入っている場所は違っていても、情報を共有し合い、必要なところに必要な人や物を向けるネットワーク型の支援活動、それがOPEN JAPANの大きな特徴と言えるのかもしれません。

狭い道に災害廃棄物が溢れ、早朝から夜遅くまで瓦礫の運搬作業(長野)
発災から2週間経つが、発災当初のままのお宅がまだまだある(宮城県丸森町)
床上浸水したお宅の復旧講習会(茨城県大子町)

現在、OPEN JAPANに寄付していただいた額の倍の額をKEENが支援してくれるというマッチングペイ期間中。(詳細は上の黄色いバナーをクリック。)
 

●以下情報発信をしているページへのリンクを掲載します。

・ オープンジャパン緊急支援 Facebookページ
各災害地にて活動している様子を随時更新しています。

・ 日本カーシェアリング協会 Facebookページ


■OPEN JAPANよりご支援のお願い

OPEN JAPANの活動は皆様からのご支援によって支えられております。災害発生時、初動の緊急支援ではベースの立ち上げや、活動に必要な機材の運搬や燃料など、全て皆様の気持ちが形となり被災された方々への支援と繋がっております。また、地域の方々との繋がりを大切にし、今、何が必要とされているかを常に考え、臨機応変に対応し、各被災地で活動を続けさせて頂いております。
こうした全ての活動の源となるOPEN JAPANの活動費へのご支援を是非よろしくお願い致します。
現在、上記「KEENマッチングペイ」他、マンスリーサポーターも募っております。ご支援の情報は、以下のサイトからご覧ください。

OPEN JAPANよりご支援のお願い
Posted in 緊急支援プロジェクト | Leave a comment