OPEN JAPAN ブログ - 日々の活動などなど

継続した支援する気持ち

7月某日
古民家再生IBUKIプロジェクトにたくさんの支援をしてくださっているT.T.C株式会社の豊田社長さまと鹿島建設の古川部長さまがIBUKIの建物を見に来てくださいました。

豊田社長は何度も大原浜まで足を運んでくださっていて、IBUKIの応援をしてくださっています。

『だいぶ進んでるじゃないですか~^^』と豊田社長。
実際に観て、支援してくださっているからこそわかること。
鹿島建設の方も『こんな天窓は珍しい。良い明かりが入るなぁ。』と仰っていました。

また、頭上の壁に貼られた“東日本大震災津波到達点”の張り紙を見て絶句しておられましたが
『IBUKIは津波を被っているけれど、津波の恐ろしさを引きずって食事してほしくないんです。
楽しく、美味しい食事を楽しんでもらいたい。だからここには絵を描く予定です。
津波がここまで来たっていうのは消えない事実だけれど、ここは笑顔を生み出す場所にしたいんです!』とIBUKIスタッフ堀越。みなさんの顔の緊張が緩んだ瞬間でした。

支援して、また見に来て、被災地の“今”を知る。
そして『もうちょっと支援が必要だな~。でも、もうちょっとなんで、頑張りましょうね^^』と言ってくださいました。

出来上がったデッキから見える海。
ただ、海沿いには高い防潮堤が出来るのが決まっていて今見えているきれいな景色に壁ができ、海が見える面積がかなり少なくなってしまいます。
『人々の安全が一番。だけど、この景色が隠れてしまうなんてもったいないですね』と話しながら町の復興状況なども詳しく聞いておられました。

『完成したらこのデッキでみんなで美味しいビール飲みましょう!』とうれしいお言葉をいただき、
支援する側と支援していただき実行する側がひとつになった気がしました。

支援すること。
そして継続すること。

実際に目で見てもらうことはやはり大切だと感じました。

T.T.C株式会社 豊田社長、鹿島建設のみなさま、ありがとうございました!

Posted in 古民家再生IBUKIプロジェクト | Leave a comment

オープンデッキいよいよ完成!

土台の上にどんどんと木が敷き詰められ完成を想像できるようになってきました。

梅雨はいったいどこへ?
暑い暑い日が続き、職人さんの体力を奪います。

並べて並べてひたすら留めて。

この端っこがどうなるのかと思っていたら・・・

きれいなカーブを描いて入口の階段のところから玄関に繋がっていました。

お店の中の床やこのデッキにもところどころ使われているワックス。
IBUKIの店舗には環境にも人にも優しいオレンジピール由来のものを使っているのだそうです。
便利だけど体に悪いものが世の中にはたくさんありますが、そんなもの使わなくっても生きていける。
美味しいものが作れる。
IBUKIに行くと美味しいだけじゃない、健康になれたり、環境に優しくなれたりと、お客様にもいろんな良い影響を感じていただけるお店にしたいなと思っています。

出来上がったデッキからは大原の美しい夕暮れが見えました。

オープンしたらこのデッキでアコースティックライブやビアガーデンを計画中です!
素敵な想い出をIBUKIで作ってもらいたいですね!

Posted in 古民家再生IBUKIプロジェクト | Leave a comment

牡鹿半島自慢の景色も観てもらいたい!

IBUKIプロジェクトの店舗となる古民家にどんどん新しい命が吹き込まれています

何気なく職人さんの作業を見ていると・・・

見えるでしょうか?
職人さんの頭よりはるか高いところにある青い紙。

震災の時に津波がこのラインまできたことを示しています。

そんな津波に耐えたこの古民家を残し、再生し、地元の人も、観光客も、みんなが集える場所にしたい。
そして、それをみんなの気持ちで叶えたい。
時間はかかっていますが、IBUKIプロジェクトはしっかりと進んでいます。

IBUKIの建物は飲食スペースだけでなく、コミュニティスペースとして使ったり、
展示会やワークショップを開催したりできるように考えています。
それで今回の工事では、大原浜からの素晴らしい景色を堪能できるようにとウッドデッキを作り始めました。

門のところからお店に繋がるほど大きいようです。

基礎をしっかり打って・・・


枠組みを作ります。

暑い中、職人さんは上半身裸になって日焼けしながら作業していました。
デッキから景色を眺めながら皆が楽しんでいる光景を思い浮かべるとうれしくなってきますね!

Posted in 古民家再生IBUKIプロジェクト | Leave a comment