OPEN JAPANとは

オープンジャパンとは

私達、一般社団法人OPEN JAPAN-オープンジャパン(旧ボランティア支援ベース絆)は、日本全国にネットワークを持つ団体や個人の集まりです。 2011年3月11日から約1週間後、震災直後から東北入りしていた、過去の災害地でも行動を共にした仲間が石巻に集結しました。石巻市南境にある集会所を借り、一つ屋根の下で各団体、各個人の活動をスタートしました。それぞれの得意技を生かしたボランティア活動で着々と地元の方々と繋がりが生まれてきました。そしてそのコミュニケーションの中から生まれてくるニーズに対して、横の連携をとりあいながら対応をしてきました。

それぞれの団体、個人が日本全国のみならず世界に広がるネットワークを持っていて、その人と人との繋がりで毎日多くのボランティアがここに出入りしています。誰かの友達がベースにやってきて、その友達がまた友達を連れてやってくる。一度帰った人が1ヶ月後にまた来てくれる。そんな連鎖を繰り返して、わたしたち絆は活動しています。

重機を使った撤去作業も行ないます。避難所生活を送っているお母さんたちと一緒に炊き出しします。壊滅的な被害を受けた小さな漁港の漁師さんたちと牡蠣の養殖したりもします。カヌーに乗って漁船が入っていけない浜や、海に浮かんだ瓦礫の撤去、漁具の回収もします。

大きな組織的なボランティア団体と違い、柔軟な対応がすばやく臨機応変にできるというメリットがあります。わたしたちは地元の方々と話をします。そのなかで色々なことを教えていただきます。大切なご家族を亡くされたこと、家が流されてしまったこと。そして、震災前とまではいかなくても、今よりも少しでもよい状態になりたいと懸命にがんばっている姿を見てわたしたちが励まされることもたくさんあります。誰かのお役に立ちたいわけじゃなく、知り合ったひとりひとりの方の喜ぶ笑顔が見たい。私たちの原動力はその絆を大切にしています。

********************************************************
【絆からOPEN JAPANへ】

日本カーシェアリング協会
吉澤武彦

2012年3月11日。活動を終える多くの支援団体を横目に、私たちはボランティア支援ベース絆からOPEN JAPANへと名称を変更しました。『日本を開く』活動を今、ここから始めるという決意の意味を込めて。しかしこの名称には、もう一つ別のささやかな意味が込められています。そのことついて少し私の方から、私個人の目線で説明をさせていただきたいと思います。

****    ****    ****    ****

私の大先輩である共同代表の吉村誠司さん、木村とーるさんは共に阪神淡路大震災の際、支援団体『神戸元気村』で活動された同志でした。お二人はその神戸元気村での経験を元に、日本財団の黒沢さんの協力を得て『ボランティア支援ベース絆』を立ち上げ、様々なプロジェクトを展開していきました。ですので、私達の取り組みのルーツはある意味、神戸元気村にあると言えます。
神戸元気村は阪神淡路大震災の時に7年半活動した非営利の団体です。その活動記録には最初の5か月で50以上のプロジェクトが実施されたと記載されています。それらを今見てみると、この一年被災地で実施された様々な活動の一つの雛形になっていることが良くわかります。

【ー阪神 淡路大震災ー 救援 支援活動報告集ー】
http://www.gassan.jp/genkimura/kobegenkimura.html

【神戸元気村の歩み】
http://www.peace2001.org/genkimura/

そして、神戸元気村を語る上で外せないのが代表の『山田バウ』さんという優しい瞳をしたおじさんです。

バウさんは、神戸での支援活動以外にも、オゾン層保護活動、ナホトカ号重油事故、いのちの火、ソマチッド基金…たった「一人」から様々なプロジェクトを生み出し、そして表にはできるだけ出ずに人を育てながら縁の下から社会に変化を与え続けました。
今回の震災でも様々な大切な活動を縁の下で支えられご尽力をされていらっしゃいました。しかし無理が重なり体調を崩され、還暦を迎えられた昨年秋に全ての活動に終止符を打ち静かな生活を送るという選択をされました。
バウさんは、神戸での活動を終えた後、『OPEN JAPAN』という名前で「開け、ゴマ!」と言わんばかりに、日本を開くための多様なプロジェクトを推進し、また様々な活動の側面的な支援をされてきました。
私は、神戸元気村の活動を終えた後のバウさんと出会い、数々のプロジェクトをご一緒させていただく中で、本当に大切な事をたくさん教えていただきました。私にカーシェアリングの取り組みを提案してくださったのも何を隠そう実はバウさんなのです。

【生きる】
http://www.peace2001.org/

私達のロゴは巨大な日の丸を底辺から支える事を表現しています。
(「はからめ」の匠さん作)
一言で言うと『縁の下の力持ち』です。それは、私たちが行う活動の基本的な姿勢であり、これこそバウさんから教えていただいた生き方そのものなのです。
更新されなくなったバウさんのサイトを、これからの未来を作る私達自身が更新していきたい!つまり、そんな気持ちを持った人たちも、私たちのメンバーの中に少しいるのです。

最後に、バウさんがいつも私たちに語ってくださった言葉を紹介したいと思います。

『夢を持とう、夢の中に全てある』(山田バウ)

********************************************************

■ 団体情報
団体名 一般社団法人OPEN JAPAN (2012年3月11日、ボランティア支援ベース絆より改称)
代表 吉澤武彦
顧問 吉村誠司・木村とーる
〒986-0821 宮城県石巻市住吉町1-1-2
連絡先
●電話 : 0225-92-7820(FAX共通)
●E-mail : info@openjapan.net
●財務・決算情報 :平成26年度度決算報告書

●アクセス
・東京←→石巻直通バス
宮城交通
キラキラ号

・東京←→仙台間のバスはたくさん出ています。

・仙台←→石巻間のバス
宮城交通

・仙台←→石巻間の電車(仙石線)
JR東日本
※途中、不通区間は代行バスでの乗り継ぎとなっています。

石巻駅を出て左方面、徒歩10分程度です。
旧北上川沿いの住吉町を目指して来て下さい。
途中、コンビニホテルまたはサンクスの前を通ります。
(下記地図参照)

より大きな地図で OPEN JAPAN を表示

  • KEEN マッチング・ペイ
  • 九州北部豪雨災害 緊急支援
  • 緊急支援プロジェクト
  • バウの道中記〜『チベットの死者の書』49日間の物語〜
  • 報告書
  • OPEN JAPAN ステッカー&マグネット発売開始!!
  • 一緒に活動してくれるボランティアの方々大募集!こちらのフォームよりお申し込みください。
  • 石巻カヌークラブ
  • 絆で一緒に活動されたボランティアの方々、アンケートにご協力ください。今すぐこのバナーをクリック。
  • 三陸鉄道復旧支援プロジェクト