ブログ - 日々の活動などなど

2020.1.9〜1.13 【ウィークリーレポート台風19号宮城県丸森町支援】

1月9~10日(水~木)

◇新年ボランティアセンターSTART

9日からボランティアセンターが開始し、ボランティアの皆さんが来てくださいました。私たちも各地に散らばり一日の活動に加え、週末の連休準備にもあたりました。

重機案件、大工案件のほかにも炊き出しや仮設・在宅避難の方々への支援活動、地域の子供たちにむけたイベントなどさまざまな活動が続きます。とはいえ、支援の一極化や連続したイベントなどが起こらないように地域や役場、社協との調整も行います。

活動で訪問する前にはニーズ票をもとに現地調査を行います。並行して社協の若手チームはボランティアさんの活動がすぐにはじめられるように下準備の整地作業、カッパ姿に着替えて現場で奮戦していました。

年も明け、冬も厳しくなり来てくださるボランティアさんの数も減少傾向にあります。それでもボランティア、社協、支援団体と町が一丸となって住民さんのために動き続けています。


1月11日~13日(土~月)

あの日以来、はじめてこんなに笑ってくれた―。

発災から三か月。この三連休にかけて開催した落語会で、ご主人が涙を流しながら笑っている姿を見た奥さんがこぼされた言葉でした。

笑って泣いて、その姿を見てまた涙して微笑んで。

◇昔々亭慎太郎さん落語会

落語家 昔々亭 慎太郎師匠は、東日本大震災以来、各地の仮設住宅などでボランティア講演を開いてくれています。ときには被災地ではスコップを手にすることも。

今回丸森町のみなさんにも元気になってもらいたいということで、遠路はるばる足を運んでくれたのですが、師匠のドライバーから音響担当までこなす臨時マネージャーをかって出てくれたのは発災直後から長野県で支援活動を続け、普段は重機を使っての活動のイメージが強い助さんです。

3.11後の支援でのご縁がずっと続いているからこそのこの活動、重機での活動も、落語会も想いは同じ「この先の笑顔のために」

さて寄席の方はといいますと、、、
「私は丸森町のお隣、、、東京都杉並区の出身で」

と、よくとおる声に巧みな話術。そして客席とのやり取りに拍手喝采、手作りの高座もあっという間に丸森演芸場となりました。

最後の金山地区では会場は満員、ぜひまた来てほしいとのオファーも飛び出しました。 この三か月、活動に入らせていただいた住民さんの笑顔もあちこちで見えてすっかり心があったまりました。


◇北海道からの炊き出しと学生たちの足湯マッサージ

落語会と並行して各地の集会所で在宅避難の方たちに向けて炊き出しを行いました。毎月来てくださっている北海道の「チームノース」のみなさんがホタテご飯にカニ汁という北の幸を携えてやってきてくださいました。

胆振東部地震で仮設住宅に住んでいるみなさんが作ったお野菜を使ったお漬物も大好評、一緒に頑張りましょうとのメッセージが届きました。

神戸大と東北大の学生たちも炊き出しと落語会にあわせて足湯とマッサージをしてくれました。

住民さんたちとお話ししながら今困っていることはないか、在宅での様子はどうかなどの御用聞きもしてくれました。

◇各地から仲間たちが集結

連休で活動現在茨城県大子町で活動するオープンジャパンのジョッキー、また長野で活動している連携団体のDRT黒さん、災害NGO 結 のトムも来てくれました。各地での活動の現状や課題などの情報共有も行いました。

週末ごとに来てくださるボランティアグループ援人や山部のみなさん、地元石巻のスマイルシードなど多くの皆さんが集結してくれました。

丸森の啓明学園チーム主導による集会所の復旧作業などもすすみ、社協やオープンジャパンに集まってくれたボランティアさんたち、そして丸森町の町民の皆さんと各地で活動しました。

◇丸森リフレッシュこどもキャンプ/新潟県長岡市

『子供たちがこんなに楽しそうに遊んでる姿に癒されましたよ◎』

新潟県長岡市へ丸森の子供たちと2泊3日の丸森リフレッシュこどもキャンプ(保養キャンプ)に行ってきました。連携団体のフェニックス救援隊が宿泊場所を提供、長年福島の子供たちの保養に取り組んでいる重機隊のGとーるさんがマイクロバスを運転してくれました。発災から約三か月、思いっきり遊ぶことが少なかった子供たちと走り続けてきたパパやママたち。

今回の大雨で被災した住人さんが「自分たちでもできることをやりたい!」と立ち上がったママさんたちの団体『丸森町tree tree tree』と一緒に企画運営して実現しました。
宮城よりちょっぴり温かい新潟で白鳥を見たり、水族館に行ったり、真冬の海辺にいったりと三日間たくさんの思い出を作ってきました。

お年玉を握りしめて、家族の顔を思い浮かべながら買い物した4年生。自分のお金でお風呂上りにアイスクリームを買った女の子。家の中で普段なら怒られるような声のボリュームや全力の鬼ごっこをした年中さん。泣いている子にママにもあげない宝物のお菓子を分けてあげたちょっとお姉さんになった2年生。

すぐそばの海で真冬の砂浜を掘りまくる無邪気な6年生。子供たちが思いっきり走って遊んでいっぱい食べての元気な姿に、すっごく楽しそうでほんとにうれしい!!こんなにゆっくり遊んだり、食べたり、お風呂に入れて、、、リフレッシュできたー!ゆっくりのんびり接することができてほんとに来てよかったと、充実した3日間を過ごしていた様子でした◎

【連携団体】順不同

DRT JAPAN 災害NGO 結  IVUSA スマイルシード 日本カーシェアリング協会 JOCA テラセン チームノース 小笠原災害支援グループ父島 石狩思いやりの心届け隊 南浜ひまわりプロジェクト 援人 NPO法人リエラ SEEDS OF HOPE フェニックス救援隊 オペレーション・ブレッシング・ジャパン 山部 国際健美軸協会 チーム茨木 神戸大学学生震災救援隊 東北大学学生有志 被災地に学ぶ会 丸森tree tree tree 丸森町民


令和二年。OPEN JAPAN、今年の活動がはじまりました。

年末年始を各地で過ごしたり、丸森で留守番にあたっていたメンバーも集合、ひさしぶりに宿泊ベースで夜が明けてみれば一面の銀世界。

まずはボラセンに集まったOJボランティアや社協のみんなで雪かきからスタート、その後9日のボランティアセンター開始に向けて現地調査やニーズの確認、資機材の準備を開始しました。コミュニティニーズで使う絵馬の準備もしながらそれぞれ一年の抱負を描いたりもしました。

寒さの中おとずれた耕野地区では特産の「あんぽ柿」の出荷シーズンまっさかり。お手伝いも総出で箱詰めを行っておられました。みなさんそれぞれの生活が続いています。
今年も住人の皆様と歩みをあわせながら支援活動を続けていきます。

本年も応援、ご支援、ご協力のほどよろしくお願いいたします。



●以下情報発信をしているページへのリンクを掲載します。

・ オープンジャパン緊急支援 Facebookページ
各災害地にて活動している様子を随時更新しています。

・ 日本カーシェアリング協会 Facebookページ


■OPEN JAPANよりご支援のお願い

OPEN JAPANの活動は皆様からのご支援によって支えられております。災害発生時、初動の緊急支援ではベースの立ち上げや、活動に必要な機材の運搬や燃料など、全て皆様の気持ちが形となり被災された方々への支援と繋がっております。また、地域の方々との繋がりを大切にし、今、何が必要とされているかを常に考え、臨機応変に対応し、各被災地で活動を続けさせて頂いております。
こうした全ての活動の源となるOPEN JAPANの活動費へのご支援を是非よろしくお願い致します。
現在、上記「KEENマッチングペイ」他、マンスリーサポーターも募っております。ご支援の情報は、以下のサイトからご覧ください。

OPEN JAPANよりご支援のお願い


台風15号・19号緊急災害支援マッチングペイ達成!

皆様のおかげでKEENによるマッチングペイ、目標金額に達成いたしました。
いただいた力を住民の皆さんの笑顔に変える活動をさらに進めていこうと思います。ご協力いただいたみなさま、そしてKEEN、ありがとうございました。

冬の寒い時期に突入、各地での支援も長期化していくなか、常に今何が必要か、何が求められているかを一人一人が感じ、現地の方々と協力しながら支援を続けさせていただきたいと思っています。

今後とも心のご支援よろしくお願いいたします。

 
  

●以下情報発信をしているページへのリンクを掲載します。

・ オープンジャパン緊急支援 Facebookページ
各災害地にて活動している様子を随時更新しています。

・ 日本カーシェアリング協会 Facebookページ


■OPEN JAPANよりご支援のお願い

OPEN JAPANの活動は皆様からのご支援によって支えられております。災害発生時、初動の緊急支援ではベースの立ち上げや、活動に必要な機材の運搬や燃料など、全て皆様の気持ちが形となり被災された方々への支援と繋がっております。また、地域の方々との繋がりを大切にし、今、何が必要とされているかを常に考え、臨機応変に対応し、各被災地で活動を続けさせて頂いております。
こうした全ての活動の源となるOPEN JAPANの活動費へのご支援を是非よろしくお願い致します。
現在、上記「KEENマッチングペイ」他、マンスリーサポーターも募っております。ご支援の情報は、以下のサイトからご覧ください。

OPEN JAPANよりご支援のお願い


OPEN JAPAN、現在の支援活動

台風15号、19号の被害が連日テレビでも取り上げられている中、今年8月に起きた九州北部の豪雨で被害が大きかった佐賀県大町町で約2ヶ月間活動を続けてきました。地元の団体と連携をしながら住民の方々に寄り添った支援活動を継続、その佐賀での活動が本日最終日をむかえ、住民の方々に感謝会を開いていただきました。そして明日から別の被災地へと向かうオープンジャパンのメンバーがいます。

佐賀での活動が最終日をむかえ、住民の方々に感謝会を開いていただく

ここ数日のメンバーの動きを上げても、長野県千曲川が決壊した現場では重機を使った土砂の撤去作業、オープンジャパンの拠点である宮城県石巻からはカーシェアリング、そして宮城県丸森町でも重機作業、茨城県大子町では、泥水で浸水した家屋を住めるようにするまでの一連の作業を、講習会を開き住民の方々にレクチャー、などなど。
今回の広域自然災害では、1箇所に集中して支援し続けることができず、個々がそれぞれの場所で、新しい仲間たちと一緒に支援にあたっています。(もちろん古い仲間も一緒。)
それぞれが支援に入っている場所は違っていても、情報を共有し合い、必要なところに必要な人や物を向けるネットワーク型の支援活動、それがOPEN JAPANの大きな特徴と言えるのかもしれません。

狭い道に災害廃棄物が溢れ、早朝から夜遅くまで瓦礫の運搬作業(長野)
発災から2週間経つが、発災当初のままのお宅がまだまだある(宮城県丸森町)
床上浸水したお宅の復旧講習会(茨城県大子町)

現在、OPEN JAPANに寄付していただいた額の倍の額をKEENが支援してくれるというマッチングペイ期間中。(詳細は上の黄色いバナーをクリック。)
 

●以下情報発信をしているページへのリンクを掲載します。

・ オープンジャパン緊急支援 Facebookページ
各災害地にて活動している様子を随時更新しています。

・ 日本カーシェアリング協会 Facebookページ


■OPEN JAPANよりご支援のお願い

OPEN JAPANの活動は皆様からのご支援によって支えられております。災害発生時、初動の緊急支援ではベースの立ち上げや、活動に必要な機材の運搬や燃料など、全て皆様の気持ちが形となり被災された方々への支援と繋がっております。また、地域の方々との繋がりを大切にし、今、何が必要とされているかを常に考え、臨機応変に対応し、各被災地で活動を続けさせて頂いております。
こうした全ての活動の源となるOPEN JAPANの活動費へのご支援を是非よろしくお願い致します。
現在、上記「KEENマッチングペイ」他、マンスリーサポーターも募っております。ご支援の情報は、以下のサイトからご覧ください。

OPEN JAPANよりご支援のお願い

KEENによる「台風15号・19号緊急災害支援マッチングペイ」がスタート

現在、台風15号,台風19号災害の支援にあたっているOPEN JAPANの支援活動に対して「KEEN マッチングペイ」がスタートしました。
「KEEN マッチングペイ」とは、皆様がご寄付くださった額と同額をKEENが上乗せして寄付していただける仕組みです。例えばあなたがOPEN JAPANに1000円のご寄付をいただけると、同時に同額の1000円をKEENがOPEN JAPANに寄付いただけることとなります。詳しい内容は「KEEN BLOG」をご覧ください。

「KEEN マッチングペイ」をご利用してのご寄付方法は、こちらのページ(http://openjapan.net/shien/support)よりお願いいたします。

期間は10月15日〜11月15日までの1ヶ月間、ぜひこの機会に皆様の思いを2倍にして被災地支援を!

  

●以下情報発信をしているページへのリンクを掲載します。

・ オープンジャパン緊急支援 Facebookページ
現地にて活動している様子を随時更新しています。

・ 日本カーシェアリング協会 Facebookページ


■OPEN JAPANよりご支援のお願い

OPEN JAPANの活動は皆様からのご支援によって支えられております。災害発生時、初動の緊急支援ではベースの立ち上げや、活動に必要な機材の運搬や燃料など、全て皆様の気持ちが形となり被災された方々への支援と繋がっております。また、地域の方々との繋がりを大切にし、今、何が必要とされているかを常に考え、臨機応変に対応し、各被災地で活動を続けさせて頂いております。
こうした全ての活動の源となるOPEN JAPANの活動費へのご支援を是非よろしくお願い致します。
現在、上記「KEENマッチングペイ」他、マンスリーサポーターも募っております。ご支援の情報は、以下のサイトからご覧ください。

OPEN JAPANよりご支援のお願い