OPEN JAPAN ブログ - 日々の活動などなど

阿蘇ボランティア支援ベース

約2ヶ月ぶりの熊本です。
オープンジャパンのメンバーが活動している「阿蘇ボランティア支援ベース」での活動報告をさせていただきます。

DSC_6017
季節は夏真っ盛り、暑さ対策として早朝より作業開始となりました。
朝6:15ミーティング、その後それぞれ活動現場へと移動します。
朝のラジオ体操は省略で直接現場入り、作業開始です。

5月に地元ボランティア「南阿蘇よみがり」のメンバーが徒歩でロケハンしたという地獄温泉。
地元の方から「すごくいい温泉なの。だからどうしても復活して欲しい。」と聞いていました。
今回社協から上がったニーズで「阿蘇ボランティア支援ベース」が支援をはじめた地獄温泉、垂玉温泉、
「その時が来た〜」と感慨深い思いでのぞみました。

DSC_6196 DSC_6197
道中の道は崩落していて、農道(牧道?)を通って通勤します。
景色は最高ですが、くれぐれも運転注意、一般車両はご遠慮ロードです。

DSC_6200 DSC_6232 DSC_6208 DSC_6064
地獄温泉チーム垂玉温泉チームとに分担して作業します。
土石流に埋まった現場を重機を使って泥を除け、少しづつ現場を復旧していきます。
「まず看板を見えるようにしよう。」
オープンジャパンに集う重機チームは災害現場のエキスパート。
作業効率を計算する前に、心の奥を重視して現場に入って行く姿にはいつも心打たれます。
この仲間とだったらやれるだけやっていこう!みんながそう思えるのは、人と人との関わりを大切にしているからです。
地元から参加してくれる方も多く、「ここでの作業に役に立つから。」といって、重機の免許をとった阿蘇市在住の女性もいました。

現場のリーダーは作業に没頭する前に、現場の状況と空模様を常にチェック、
二次災害を未然に防ぐためにみな用心しながら活動しています。
作業はヘルメット、安全靴着用です。
DSC_6083

DSC_6169
午後3時頃には雷雲、この後信じられないくらいのスコールとなるため、作業は3時には終了し下山します。
ベースに戻る頃にはすごい雷と雨でしばしみんな待機状態。
ベースの雨漏り対策や、洗濯物をとりこんだりとてんやわんやです。

DSC_6185
阿蘇ベースには日々志高きボランティアさんたちがやってきます。
現場作業に没頭する技術者、仲間のために食事をつくるベースキーパー、差し入れをしてみんなの指揮をあげてくれる仲間たち、
そしてそれを率いる心強いリーダーたち。彼らとその仲間たちで成り立つボランティア団体です。
テント泊、車中泊しながら約4ヶ月の月日が経ちました。
DSC_6054

みなさんのお陰で日々活動が継続しています。
現場での助け合い、住民さん方の笑顔が何よりの活力です。
DSC_6223DSC_6226

オープンジャパンがサポートする阿蘇ボランティア支援ベースは、地元の社会福祉協議会と連携し運営のお手伝いもしています。
社協にあがってくるニーズに対応し、団体ボランティアの受け入れコーディネートなど、臨機応変に活動をしています。

たくさんのご声援、ご支援ありがとうございます。
オープンジャパンはみなさまと共に、現地にて活動をさせていただいております。

まだまだやれることがたくさんあります。一歩一歩、ともにがんばりましょう!
活動期間7/30〜8/3

 

Posted in 携帯投稿 | Leave a comment

福島放射能測定室より。

現在茨城県常総市で活動しているオープンジャパンのヒーサーより、測定依頼を受けました。
常総市の柚子と夏みかんです。

柚子 914g 計測時間3600秒 検出下限値5bq
測定結果 不検出

夏みかん 893g 測定時間3600秒 検出下限値5bq
測定結果 不検出

こちらの果実たちは地元の人たちの手でジャムとして商品化され、
復興マーケットで販売されるそうです。

まもなく震災から5年が経過します。

失ったものもあれば得たものもあるのかもしれません。

これからどのような暮らしをしていくのかが、日本の将来を変えていく。
そのためにはまず自分の足下から、そう思う日々です。

Posted in 携帯投稿 | Leave a comment

福島放射能測定室より。

宮城県産の玄米の測定依頼を受けました。

宮城県田尻町産「みやぎつや姫」1kg

測定時間 : 3600秒

測定結果 : 不検出(ヨウ素、セシウム137、セシウム134、カリウム)

検出下限値 : 約4Bq/kg

(社)BIG UP石巻 様から、顧客の方々に安心して購入していただいとのことで放射能測定の依頼を受けました。

今回こちらの測定器の検査で放射性物質は検出されませんでした。

まもなく震災、原発事故から5年が経とうとしています。

放射能が食品にどれだけ含まれているか、

この問題は販売する側、購入される側、みなさん気になる問題です。

※(社)BIG UP石巻 様には掲載許可をいただいております。

Posted in 携帯投稿 | Leave a comment

放射能測定。

ご近所さんからイノシシ肉をいただきました。もちろん食用にです。福島県のイノシシ肉、心配でしたので食べる前に放射能測定にかけました。結果セシウムが合計で162ベクレル検出されました。

先日都内で伺った話を思い出します。毎年年の瀬に町内でお餅つきがあり、そこで使っている餅米は親類関係のご縁のある茨城県のお米を用いているそうです。町内みんなでいただくということもあり、放射能測定にかけたそうです。結果は不検出でした。
ここから問題がはじまります。検査結果をお米を送ってくれた農家さんにお伝えしました。すると、「自分たちのことを信じられないんだったらもううちのお米は使ってくれなくていい。」とのお返事がかえってきました。町内行事のお餅つきにまでつきまとう放射能による人間関係の分裂です。信じられないのは農家さんではなく、国の基準だったり東電の事故隠蔽や後始末、その後の補償問題や未だ解決できない廃棄物処理の問題です。震災から5年近く経とうとしていますが、原発事故が引き起こした問題は今もこうしてご親戚との関係や町内での人間関係にまで影響を及ぼしています。

月とカヌー(はからめ)のWEBサイト

 

Posted in 放射能測定 | Leave a comment

放射能測定

福島県鮫川村で購入した三年味噌を測定しました。
鮫川村は放射性物質の指定廃棄物焼却炉の建設で話題になった村でもあります。建設前に住民説明会に参加させてもらいましたが、反対の人を押しきってその後建設されてしまいました。そのときに聞いたのですが、鮫川村には三本の川の源流があるのだそうです。緑豊かな静かな村でした。
この村では豆の生産に力を注いでいるそうです。直売所で美味しそうな三年味噌を購入しました。この村で育てた豆で作られたお味噌です。三年前に仕込んでいるということは、2012年産の豆で作られていることになります。豆は放射能を吸うと聞きました。また、微生物の力による発酵食品は放射性物質を体外に排出するとも聞きました。いただく前に放射能測定器にかけて調べてみました。
検体1キロ、計測時間3600秒。検出結果ND(不検出)、検出下限値4.6ベクレル。
鹿児島県の川内原発再稼動のニュースを聞きました。核の廃棄物処理場すらない状況の中、まだ核を扱い続けようとするのでしょうか。
hacarame.com

 

Posted in 携帯投稿 | Leave a comment