ブログ - 日々の活動などなど

古民家再生IBUKIプロジェクト『工事進行状況のご報告』Bubbさんから

工事進行状況のご報告

お久しぶりです!

古民家再生IBUKIプロジェクト、店舗となる母屋内外部の工事は順調に進んでいます。なかなか皆さんにご報告できずにすみません。

IMG_0412

店舗となる母屋内部はほぼ終わっており、あとは最終的な仕上げのみです。
厨房も壁と天井の仕上を今月中に済ませ、後は設備器具等の設置です。

IMG_0397 IMG_0394

トイレも一部の造作を残してほぼ完成しています。

後は細かい仕上作業と外部の外溝工事をがんばります。

母屋内部だけでなく、ここにも解体で出た資材を多用していきます。

 

蔵の工事

母屋の裏手山側に建っている築120年近い土蔵、津波の引き波を別けて母屋を守った蔵。

この蔵戸にはくっきりと津波の痕が残っています。

蔵が受けた津波の爪痕は大きく、昨年行政から倒壊危険性があるため解体の指示がありました。

しかし付近に津波の痕跡がある建家等が無いため、IBUKIプロジェクトとしては辛く大切な記録を蔵戸に残した土蔵を保存する工事を昨年春から開始しました。

IMG_9554 IMG_9625

当初は蔵戸のみを残す計画でしたが、中も使えるように蔵の復元計画で工事を進めています。

IMG_0402 IMG_0401 IMG_0093

IBUKI母屋はご支援ご寄付ご協力していただいている皆様のおかげで、5年の年月を費やしましたが、今春開業に向け急ピッチで工事を進めていますが、土蔵改修工事にかかる費用500万円の資金が不足しています。
店舗がオープンした後も、蔵の工事は地道に続けていきたいと思います。

今一度皆様方にご協力をお願いいたします!

事務局より
※震災伝承や震災の語り部等で、“津波の跡”の残った蔵をお使いになりたい方、現場見学をご希望の方がいらっしゃいましたら、OPEN JAPANまでご連絡ください。
店舗のオープン等はまた、ご案内させていただきます。

工事再開!古民家再生IBUKIプロジェクト

お久しぶりです!

なかなかお伝え出来ずにおります古民家再生IBUKIプロジェクトですが…紆余曲折ありながらも少しずつ、でも着実に工事は進んでおります!

ご支援いただいている皆様にはご心配おかけして申し訳ありません。

本当にっ!たくさんの問題を抱えながらも…地元の皆様の期待とご支援いただいている皆様の気持ちを胸に、ひとつひとつ解決しながら進めています。

「今、どんな感じ?」「なかなか牡鹿に見に行けないよ~」という声を受けて、現在の工事状況を少しずつお伝えしていこうと思います。

 

古民家再生IBUKIプロジェクトで修復している家屋は、あの津波を大きく受けている建物です。

普通なら捨ててしまうであろう物を出来る限り再利用している為、古材のほこり落とし・洗浄・乾燥などの作業も日常的に行っています。

img_0070

img_0073

蘇った木材は、新たに加工され店舗内の仕上げや家具になっていきます。

img_0078 img_0087

IBUKIは太平洋の目の前!作業中、現場からは美しい海を臨むことが出来ます。

img_0088

母屋の修復はなんとか目処がつき、来春オープンに向けて作業中です。
これからは、少しずつ皆様に現場の状況をお知らせしていきますので、どうぞお付き合いください。

また、現場見学を希望の方は、いつでもご連絡ください!

 

 

石巻にて仮設住宅支援・古民家再生IBUKIプロジェクトの現状  (月とカヌー・鈴木よしこより)

161105k

オープンジャパンの助さんから、「5日、仮設住宅で落語会&炊き出し鍋をする」との連絡を受け、石巻行きを決めました。気になっている古民家再生IBUKIプロジェクトの進行具合をみることも目的のひとつです。
161105
牡鹿半島大原浜の区長さんにご挨拶に行き、お話を伺います。大原の住人になったオープンジャパンの仲間チセちゃんにも会うことができました。
古民家IBUKIはガラスも入り、壁も張られていて大きな大工作業は終えた感じでした。内装、水回りなどまだまだやることはありますが、古民家の再生はほぼ成されたという印象です。蔵の修復もお見事、地元オガタ棟梁の技だそうです。さすがです。
161105b
古民家が再生されたら次はそこに息吹を注ぎ込み、生きた家として機能させることです。古民家再生IBUKIプロジェクトは今月8日から工事再開の予定です。
161105d
小渕浜の漁師佐々木さんにご挨拶に伺いました。助さんと合流して一緒にお話を伺いました。その後かさ上げし新しくなった女川の町を見ました。駅には温泉があり、目の前はおしゃれな広場になっていて海までお店が並んでいます。ダンボールでできた「ダンボールギーニ」のショップ、スタバ風なカフェ、美味しそうなビールの看板、お土産ものやさん。まるでアメリカ西海岸のような風景に、地場の海産物を用いた「ほやきそば」「さんまパン」「海鮮丼」ののぼりがはためいていました。駅の足湯で地元の方にお話を伺いました。震災前から駅近くには温泉があったそうで、新しくなった今もよく利用しているそうです。便利になったところもあるけれど、高台に移転したので歩くのが大変だと言っていました。新しくなった女川町、石巻から電車で来られるので観光で訪れる人が増えそうです。宿やゲストハウスができれば、一泊女川で過ごす旅プランができるだろうあ、そんな印象を受けました。
161105e
6日朝8時、オープンジャパン2階キッチンにて、ボランティアに来てくれたSMFG (三井住友フィナンシャルグループ)の方々と今日の炊き出しの仕込みをします。
161105g
落語家の昔々亭慎太郎(せきせきていしんたろう)さんを乗せた助さん号と、はからめ号が一足先に十三浜にあるにっこりサンパーク仮設住宅に着き準備をしていると、宮城弁のラジオ体操が流れ始めました。毎日10時にラジオ体操をしているそうで、わたしも仲間に入れてもらいました。
161105i
11時から集会所で落語会、牡蠣鍋とたこ焼きの振る舞いをしました。SMFG の方には前回もこちらの仮設住宅でお手伝いしていただいたので、住民の方との交流も育まれていてとてもいい会となりました。みなさんの熱い心に感謝です。
161105h
(前振り無しで高座に上げられてしまった助さん。)
161105j
(寒い外での作業、おつかれさま。)
161105n
(たこ焼き係はやはり関西人におまかせ)
161105m
(地元の方々に交ざって沢山お話聞いたり話したり。)
161105l
片付け終わって振り返りの時間に「福島から来ている仲間です。福島の話をちょっと。」と助さんがわたしたちに話をする時間をつくってくれました。福島で生活している私たちが伝えたことは放射能のこと。この重いテーマを、これからの日本と世界で活躍していく方々に考えてもらいたいと思う気持ちから話させていただきました。
161105o
仮設住宅をあとに、津波の被害のあった大川小学校に祈りを捧げ、その後みなさんと道の駅でお別れしました。人とのご縁をつなぎ、その縁をまたつないでいく、それが町を再生させていくことになるのだとあらためて感じた今回の石巻でした。
161105c
震災から5年が経過し、町には新しい店舗や復興住宅が建てられていました。海沿いには津波除けの防波堤が建設されはじめ、仮設住宅の統合や取り壊しの話を聞きました。
オープンジャパンの事務所で代表タケちゃんと話します。今必要なことは水害の被害のあった岩手県岩泉町を支援していくこと、現場に入っている仲間を支えていくことだと聞き、そのためにわたしたちができることを話し合いました。
太平洋側の道から福島に戻りました。通れるようになった高速道路には放射線量の数値を示す看板が立ち、高いところでは「現在3.0マイクロシーベルト」と表示されていました。ガイガーカウンターのアラームは鳴り続け、すれ違うトラックには「除染土壌等運搬車」との表示がされています。表土がはがされた田んぼや畑、積み上げられた汚染土。そこではもちろん人が作業をしています。重機とトラックがあちこちで動いています。石巻とはまた異なる風景です。5年経った今でも放射能はなくなっていません。
石巻マラソン大会出場前日にもかかわらず泊めてくれた友人夫妻には限りない感謝です。(完走したと聞きひと安心しました!)ボランティア活動でなくとも、こうして石巻に友人を訪れることができるようになってとても嬉しいです。 いろいろ考えさせられる、いろいろ自分で考える、そして行動する。今回も学び多き旅でした。    (よ)

************************************************************
月とカヌーのWEBサイトより転載

************************************************************

『岩手県岩泉町からの報告』吉村助さんより11/2~⑲

14937037_1319062394785188_671725712_n

「テレビ無しで冬を越すなんて、考えられない…年末年始の楽しみも…」

14591837_1318065541551540_943682723095129682_n
と役員さんに数カ所の集落が共同利用している山上のアンテナまでの道修復を依頼された。

14925342_1318065561551538_6715843436070339410_n
しかし我々の重機では、小さすぎるので、役員さんが役場に頼んで大型重機を借りてくれ、本日完了…

14907250_1318065618218199_3880223487039495051_n
クロさん&萬ちゃんチームが伐採木での橋や土砂運搬など9割完了させて、
私たちは最後の整地などで業者さんが見事にアンテナケーブルを修復させて山奥集落のテレビ復活!

14591853_1318065651551529_2098803847688272829_n
ひとり暮らしの方々にも、喜んでいただいた雪国です…

14915094_1319062444785183_1968703050_n

14958477_1319062408118520_603239005_n

助さんのfacebookより転記

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

岩泉町にも雪が降り始めました。
あの日は8月の終わる夏でした。
3ヵ月の月日が経ち小雪の降る中で、今もなお続く暮らしの復旧活動。。。
年の瀬の足をとが聞こえてきている。
様々な年の瀬の足音にかき消されないようにって思います。
今もなおここでは、仲間たちが懸命に動いている。
そして今もなお…(が)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

<OPEN JAPANの緊急支援プロジェクトへご協力お願いします>

オープンジャパンの緊急支援活動は、

心ある皆様の継続的支援のおかげで活動させていただいております。

被災地への継続的な支援を活動を行う為に、

緊急支援のサポート、ご協力をよろしくお願いします。

郵便振替口座 02250-5-126661口座名 一般社団法人 OPEN JAPAN

●他の金融機関から 店名 二二九(ニニキユウ)店 当座 0126661

『岩手県岩泉町からの報告』ひ~さんより10/21~⑱

岩手県岩泉町から

人も牛も熊も地球も動いています。

自然の流れの中で

雪が降る前に
冬が来る前に

一昨日安家地区では
穴目ヶ岳に放牧されていた短角牛が冬に備えて降りてきました

降りる道の林道の仮復旧が間に合った

降りてきたならば今度は
台風被害で餌のトウモロコシや大豆畑も甚大な影響が出ている。
餌の段取り確保を進めて行く事になる。

14717246_1779092319008566_9154252144089407586_n

一つ一つ
問題を解決しながら
それぞれの方々が前を向いて生活している。

先日山沿いの台風被害に遭われた住人さんに聞くと
今年は、熊をよく見かける事が多いと
この時期あそこの道を通る時には
4時半頃に水飲みに熊が来るから気をつけろと言われる事もある。
自然のお話しをよくしてくれるおじさんは
台風直後からお家が被災されて道路も寸断
行政や自衛隊がヘリコプターでの避難を促すも
そこに牛飼いさんやお年寄りがいる限り山を降りずに
いた

上流の孤立地区と連絡取り合い

おにぎりを近所で作り

道が通れないので

土砂や流木だらけの沢を数キロ登り食料を運んだりもしていた方である。

熊のドングリと栗の食べ方の違いなど熊のモノマネ?
で教えてくれる。

そんなおじさんが

東日本大震災の一、二年前から自然の変化が激しい感覚があるんだよなあ〜と

オラは、学者じゃねえがら感覚でしが
わがらねどもと

山に当たる風の向きや音

熊の冬眠する場所が変わってきたり

様々な自然の変化があると

自然がおかしいと

岩手県では一昨日県のクマ対策会議が行われていた

クマの出没回数が過去最多の2873件と前年の倍と報じられている

里山の減少や
登山ブームで人が山に入る回数が増えているからではないかとか様々な人間の視点から
入山規制や捕獲を考えているとの事ですが

鹿に猪に熊

植物や樹々すべて
そして人間も
地球の上で生きている

火山の噴火に巨大台風

M5を超える地震も頻発している

都会で生活して感じる事が少ない自然の変化

現在の文明では

予知できぬ地震や噴火

それも自然の営み

自然豊かな沖縄のヤンバルでは

軍事訓練の基地を巡り

争いが起きている

未曾有の放射能事故が起き
今も厳し状況の福島そして東北

政治 経済 国の方向性

人間では予測がまだ難しい自然の脅威

自然の恵みで生きている人間

地球上で人間同士が争い
奪い合いの算段している間に自然の変化に気づかずにいるのでは

全人類が争い奪い合いから

自然と地球との共生へと

思い出しなよ地球人

支え合い
分け合い
助け合いの
持続可能な経済システムへの移行社会へと

自然が教えてくれている気がする。

14724650_1779092379008560_956206848686893792_n

多発する自然の脅威と
豊かな自然の恵みを享受して
育んできた日の本の国

イデオロギーや
資本主義や共産主義から
新しい地球主義へと歩いて行きたいなあ〜と
考えてもみる。

まあ、先ずは一歩一歩
歩いて行きます。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

自然の恵みで生きている人間。
人の暮らしと自然のリズム。
自分の足で歩き、腕を使って漕ぐ。
棲家を自分で作り、火を起こす。
遥か昔から人が行ってきた動きには、
人の中に眠っている原始的な感覚を呼び覚ますと感じました。(が)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

<OPEN JAPANの緊急支援プロジェクトへご協力お願いします>

オープンジャパンの緊急支援活動は、

心ある皆様の継続的支援のおかげで活動させていただいております。

被災地への継続的な支援を活動を行う為に、

緊急支援のサポート、ご協力をよろしくお願いします。

郵便振替口座 02250-5-126661口座名 一般社団法人 OPEN JAPAN

●他の金融機関から 店名 二二九(ニニキユウ)店 当座 0126661