ブログ - 日々の活動などなど

牡鹿半島食堂いぶき

テレビなどでも取り上げられ話題性が高まっている牡鹿半島大原浜にできた「牡鹿半島食堂いぶき」、ここは津波の被害にあった古民家を再生し、地元の人たちの雇用とコミュニティづくりのためにオープンジャパンが忍耐強く5年半かけて手がけてきたプロジェクトです。オープンした今は各地から訪れる観光客のつながりポイントとしても動き始めています。170613b
海の幸を使った食事と古材を生かした内装がおすすめ、メニューは「超ほたて丼」1500円、「牡鹿半島かきハンバーグ定食」1200円、「くじら竜田揚げ&とりから定食」1200円、他にもカレー、ナポリタン、ピザなどがあります。ランチには小鉢と漬け物、わかめ汁が付いています。小渕浜の漁師佐々木さんのわかめを使ったわかめ汁は歯ごたえよくとても美味しい逸品です。新鮮な海の幸や秘伝のタレで味をつけたから揚げはお客さまにとても好評です。
170613e
店内にはKEEN JAPANさんが支援として「FEEL GOOD STORE」を出しています。かなりお買い得にKEENの靴が購入でき支援につながるとあって、今日も訪れたお客様方が靴を購入されていかれました。訪れた方々が喜ぶ場所としてスタートしたことがとても嬉しいです。
170613c

オープンジャパン総会

ボランティア組織オープンジャパンの総会に出席するため石巻に来ています。
これまで石巻市内の事務所で開催していた会議を4月にオープンしたばかりの牡鹿半島大原浜にある「牡鹿半島食堂いぶき」にて行いました。オープンジャパンの「古民家再生IBUKIプロジェクト」が5年半経って今年4月22日ようやく「牡鹿半島食堂いぶき」として形となりスタートしました。
DSC_3541
総会の出席者は8名、スカイプ出席者2名の計10名で話し合います。
ネパール、熊本、岩泉への災害緊急支援活動についての報告と今後の体勢づくり、 今後も継続していく古民家再生IBUKIプロジェクトについて、日本カーシェアリング協会の報告と事業計画、新規プロジェクトの提案、そしてオープンジャパン事務所移転に伴い、福島の解体されるログハウスで作られた仮設住宅の移築についてなど、今後もスカイプ等で情報共有しながら進めていこうということになりました。久しぶりに会う仲間との時間、これから何ができるか、何をしていくかという前向きな話し合いです。(よ)

「牡鹿半島食堂いぶき」4月22日オープン!!  あと3日!

「牡鹿半島食堂いぶき」先週末の4月15・16日は支援者さま、地域の皆さま、関係者さま向けのプレオープンを行いました!

まずは、午前中に神棚へ御神入れ。2013年に地鎮式も執り行った安藤宮司にお願いしました。

IMG_0580

身が引き締まりました!

準備を整え、「牡鹿半島食堂いぶき」として初めてのお客様を迎え入れます!

今回はレセプションのため、ビュッフェスタイル。ドリンクはご希望を伺いお出しします。

18035564_1351309208296876_1391774250_n[1]  18009641_1351309234963540_491474715_n[1]

そして、地域の皆さまを中心にぞくぞくとお客さまが!

18034721_1351308938296903_1628965211_n[1] 18009895_1351308754963588_732833597_n[1]

また、何度も石巻へ足を運んでいるパフォーマーの郁さん(青山郁彦さん)が駆けつけて南京玉簾を披露してくれました!

18009771_1351308824963581_1743535667_n[1]

お花やお祝いもたくさんいただき、とても華やかになりました!
本当にありがとうございます!

IMG_0587 IMG_0588 IMG_0589 securedownload[1]

オープンまであと3日となり、急ピッチで準備を進めている現場です。
皆さま、どうぞGWは「牡鹿半島食堂いぶき」に遊びに来てください!

熊本地震支援活動 報告 4月16日現在(ひ~さんより)

18010001_1860023107582153_5176273098822395735_n

ここからはじまる

南阿蘇から

昨日村主催追悼式の後に隣の会場で行われた
復興イベント
The Day Project のお手伝い&参加者として伺う

主催された中で五人の中心的役割の方々はみなさん全壊などの被災を受けている。

そのうち4人の方とはご縁あり
支援活動にてお付き合いさせていただいております

18011146_1860024264248704_5409162588459322463_n

特に中心的役割の地獄温泉清風荘の河津さん
垂玉温泉山口旅館の山口さん

18010191_1860023324248798_3522708166009097278_n

開演前の囲み取材を受けている姿を眺めながら
出会った頃の状況が思い浮かぶ

南阿蘇災害ボランティアセンターからのボランティア派遣が危険との判断で派遣されない中
ご縁と流れの中で支援活動をさせていただく事になった昨年の夏

OPEN JAPAN の呼びかけマッチングで延べ1000名を超えるボランティアの仲間が全国から

重機6台
4トンダンプ
2トンダンプ二台
軽ダンプ二台
軽トラック3台
ハイエースやダブルキャブなどの車両

河津さん兄弟
山口さん共に汗をかいた昨夏

南阿蘇観光復興のヘソになる場所 方々と考え継続支援活動をさせていただいている。

18010256_1860024417582022_6259499482270994702_n

出演アーティスト クリエイター達と思いの共有や時間を重ねたコミュケーションから生まれてきた作品や
ライブ

屋内会場で広く告知せずに村内の方々1000名を超える観客のみなさん

外部団体の主催されたイベントや一過性の復興イベントを各地の被災地で見てきましたが
地元の被災された方々が生み出した。

南阿蘇復興イベント
The Day Project は
地元の神楽で地鎮と浄めではじまり
阿蘇の大地で生まれた新しいアートな祭りを感じた。
熊本地震本震から一年
4月16日今日この日が はじまりの日となる
何かが生まれてきた感覚

南阿蘇村の復興の光の一筋を見る事が出来た時間でした。

17952748_1860024194248711_1915582607918860578_n

OPEN JAPAN としての阿蘇ボランティア支援ベース
間も無く一年の活動を終え来月ベースを閉じる事になっているのだが
まだまだ復旧すら先の長い
地獄温泉 垂玉温泉
今少し出来る事をお手伝いさせていただきます。

17992124_1860024457582018_7588756082428671592_n

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1年と言う時間の区切り。
『The Day Project』は赤、青、緑の衣を身に纏った神楽から始まりました。
艶やかでも無く、驕る事ななく、湿やかでもでもなく、
『The Day Project』は、春を待っていた草花と同じように、
それぞれのアーティストさんの彩がまるで、阿蘇外輪の様でした。
災害は多くのモノを傷つける。。。
失ったモノも有ったけど、生まれたモノあったんだなと感じました。
まだまだ復旧すら先の長い
地獄温泉 垂玉温泉、これから梅雨時期までの期間で、
どれだけ作業が進める事が出来るかが勝負どころです。
今一度皆様のお力を…お願いします。(が)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<OPEN JAPANの緊急支援プロジェクトへご協力お願いします>

オープンジャパンの緊急支援活動は、
心ある皆様の継続的支援のおかげで活動させていただいております。
被災地への継続的な支援を活動を行う為に、
緊急支援のサポート、ご協力をよろしくお願いします。

郵便振替口座 02250-5-126661口座名 一般社団法人 OPEN JAPAN
●他の金融機関から 店名 二二九(ニニキユウ)店 当座 0126661

「牡鹿半島食堂いぶき」4月22日オープン!!  あと9日!

4月22日オープンの「牡鹿半島食堂いぶき」、準備が着々と進んでおります!

今日はずっと気になっていた母屋(店舗裏側)にある池を、OPEN JAPANの仲間がキレイいしてくれました!

IMG_0527
見にくいですが、先月までの状態。
池はなかなか手をつけられず、震災後、津波を被ったほぼそのままでした。
IMG_0553
先週の様子。ずっとOPEN JAPANを支援してくださっている「プロボノやまとえん」さんの本業は、造園業の埼玉・大和園さん。
お庭の樹木の手入れと共に、ポンプを持ち込み水を抜いて、池の上の立派な松の木も剪定してくださいました!

IMG_0572
そして、今日。
OPEN JAPANの仲間が久々の“マッドバスターズ”。
6年前のヘドロをすべて掻き出して、庭全体を清掃してくれました!

IMG_0562
先週末には、助さんと地元の棟梁と一緒に、ユニックと重機でウッドデッキへ上がるステップの設置をしてくれました!
このステップになっている石は、地元石巻の稲井石で、裏にある蔵を減築・改修のために出てきた敷石だった物を再利用しています。

IMG_0567
海側の部屋のルーバーが出来たり…
IMG_0551
建具屋さんが建具を修復してくれたり…

毎日、目覚ましく変わる「牡鹿半島食堂いぶき」です!

さて、お知らせしていますように、「牡鹿半島食堂いぶき」は、4月22日にオープンします!
お店の概要をお知らせします。

 

牡鹿半島食堂いぶき

〒986-2412 宮城県石巻市大原浜字町18-1

0225-25-7282

oshika-ibuki.com (作成中・近日公開)

 

アクセス:

JR石巻駅より車で約45分

JR渡波駅より車で約30分

三陸自動車道 石巻河南ICより車で約60分

JR石巻駅より宮城交通バス鮎川線で約60分、大原バス停下車徒歩3分

 

営業時間:

4月22日 11:00-17:00通常営業

4月22日(土)~5月7日(日)まで休まず営業いたします。

5月8日(月)より月曜定休となります。

5月9日(火)より夜営業(22:00まで、予約のみ)させていただきます。

 

プレオープン:

4月15日 13:00-17:00

4月16日 11:00-15:00

支援者さま・関係者さま・地元の皆さまにはお知らせしておりますが、プレオープンが今週末となっております。

お忙しいかと思いますが、ぜひ遊びに来てください!
時間内であれば、何時に来ていただいても構いません。
ご試食・ご試飲を用意してお待ちしております。

ようやく営業許可証も取得し、メンバー全員、オープンに向けてワクワクしています!
ぜひ遊びに来てください!