ブログ - 日々の活動などなど

「牡鹿半島食堂いぶき」4月22日オープン!!  あと30日!

「牡鹿半島食堂いぶき」、本日は厨房機材の搬入をしました!

IMG_0532

厨房機材を愛おしそうに確認する料理長。

ご支援いただいたもの、OPEN JAPAN石巻ベース(旧みうら内科)で長い間活躍していたもの、真新しいもの…混在した、いぶきらしい厨房です。
店舗全体はもちろん、厨房だけでも、本当にたくさんの方の想いがつまっています。
ここで、新たに美味しいものがたくさん生まれます!

さて、前回のブログの答え。
ウッドデッキの手すりの柵(縦)の部分は何を再利用しているか?ですが…
IMG_0520
答えは、これも手すり!(笑)
震災で被災したデイサービスセンターのオーナーさんが、立て壊す際に「使えるものがあったら、何でも持って行っていいよ!」と言ってくださり…
津波をくぐり抜けた手すりを、今度は縦の柵として再利用させていただきました。
この他に、厨房のダクトカバーなどいくつか使わせていただいています。

被災した建具や廃材など、普通では捨てられてしまうようなものも、随所に再利用しています。

ご来店の際は、是非探してみてください!

※工事中の「牡鹿半島食堂いぶき」の見学をご希望の方は、OPEN JAPANまでご連絡くださいませ。なかなか工事中の現場に入れる機会はないと思うので面白いと思いますよ~

「牡鹿半島食堂いぶき」4月22日オープン!!  あと35日!

オープンに向けて、着々と準備が進められている「牡鹿半島食堂いぶき」です。

目の前の眺め。防潮堤の工事も進んでいます…

目の前の眺め。防潮堤の工事も進んでいます…

この時期は、雨が降ったり、雪が降ったり、春を感じられるような晴れだったり…

毎日忙しく天候が変わります。

 

いぶきには大きなウッドデッキがあるのですが、現在、手すりを取り付けています。

securedownload[1] (2)

この手すりの笠木に当たる横の部分、地元である大原の杉を利用しています。
とても大きく重たい1本のまま!見栄えのする立派なものです。

ここで、クイズ!
柵に当たる縦の部分、ある物を再利用しています。
何を使っているかと思いますか?
均等の細い木の部分です。

答えは次回。
お楽しみに~♪
※工事中の「牡鹿半島食堂いぶき」の見学をご希望の方は、OPEN JAPANまでご連絡くださいませ。なかなか工事中の現場に入れる機会はないと思うので面白いと思いますよ~

6年

IMG_7643

今の石巻ベースで過ごす最後の3.11。
この6年間に思いを馳せながら過ごしました。
遠方の仲間たちも色々と訪ねてきてくれて、それがとても嬉かったです。
私たちも一歩ずつ前にすすんでいきたいと思います。

吉澤武彦

「牡鹿半島食堂いぶき」4月22日オープン!!  あと43日!

OPEN JAPAN報告書にも掲載させていただきましたが、

2013年より工事を進めてきた古民家再生IBUKプロジェクトが、ようやく「牡鹿半島食堂いぶき」として4月22日にオープンします!

新しい報告書はこちらよりご覧いただけます。 (※12MB)
http://openjapan.net/wp-admin/images/openjapan_houkoku201703

 

明日だけは工事もお休みさせていただき、明後日からまた準備の毎日です!

牡鹿半島食堂いぶきは、元々あったものや廃材などを活かした店舗づくりをしています。

これからオープンまで、(新しいいぶきHPができるまで)少しずつ色々とご紹介させていただきますね。

securedownload[1] (2)欄間の一部。細工が美しいですよ~

実際にご来店の際は是非探してみてください!

※工事中のいぶきのご見学を希望の方はOPEN JAPANまでご連絡ください!

 

新しい報告書ができました。

IMG_7638

新しい報告書が完成しました。

なかなか活字では語り尽くせないことばかりなのですが、現場の写真を交えながら各プロジェクトのこれまでとこれからをご紹介させていただきました。

新しい報告書はこちらよりご覧いただけます。 (※12MB)
http://openjapan.net/wp-admin/images/openjapan_houkoku201703

活動報告書や決算報告は、過去の分も含め下記からご覧いただけます。
http://openjapan.net/calendar/houkoku

本紙をご希望の方、必要部数と送り先をご記入の上、info@openjapan.net までご連絡ください。
人の集まる場所などに本紙を設置していただきOPEN JAPANの活動をご紹介いただける方も募集しています。

日頃のあたたかいご支援に心からの感謝の気持ちを込めて。
そして、新たな「動き」と「縁」が生まれますように。