OPEN JAPAN ブログ - 日々の活動などなど

御神木祭とIBUKI始動

こんにちは!

先日の雪、関東や各地でも凄かったようですね。

皆様のお住まいの地域は大丈夫でしたでしょうか?

 

石巻市は太平洋沿いなので、宮城県の中でも山側のように雪は積もりません。

ただ、同じ“石巻市”でも、その面積は東亰23区に匹敵するほど。各地区によって天候がだいぶ変わります。

 

古民家再生IBUKIプロジェクトの大原浜は、太平洋に突き出した牡鹿半島にあります。

今回の雪も、石巻市街地では20㎝ほど積もりましたが、牡鹿地区では約3㎝。

今ではほとんど溶けてしまいました。


強い北西の風(地元では、ならい・なりあて、と言います)を除ける為に先月、幕を張った古民家。

家の方から見ると、太平洋に沈む夕日が見られます。

晩秋から春にかけて、風の強い大原浜。

少しでも建物の傷みを抑え、これからの作業に進みたいと思います!

 

さて、その大原浜で2月11日(月・祝)2年振りの御神木祭があります。

昨年は、メインである山車を曳く事が出来ませんでしたが…今年は準備中です!

海に近い倉庫に保管されていた山車は、倉庫ごと津波で流されましたが…

激しく損壊した山車は奇跡的に船着場に引っかかり、大部分を別の場所で保管してきました。

先日、御神木祭に向けて、その山車の組立が始まりました!

山車の二階は、榊が飾られお囃子の大太鼓・小太鼓・笛が乗ります。

二階の床は津波により流失したため、新たに棟梁をはじめ地元の皆さんで組立中です。

前から見ると、こんな感じです。

色鮮やかで、当日がとても楽しみです!

 

さて、この山車ですが…曳くのに最低でも大人15人〜20人ほどが必要になります。

残念ながら現在の大原浜には、山車が曳ける大人の数が足りません。

 

3連休の最終日ですが興味の有る方、参加してみませんか?

2月11日(月・祝)

牡鹿半島・大原浜生活センターにお集まりください。

山車を曳くのはお昼頃からになりますが、11時くらいからご祈祷や“なめろうかめろう”という面白い習慣などもみられます!

牡鹿にご縁のある方、お祭りや古い習慣に興味のある方、ぜひ遊びに来てください!

This entry was posted in 古民家再生IBUKIプロジェクト, 地域、コミュニティー, 牡鹿半島 大原浜より. Bookmark the permalink.

One Response to 御神木祭とIBUKI始動

  1. 山車の鮮やかなブルーと大量旗の模様が目に焼き付きます。きっと素敵なお祭りになるでしょうね。

    桜の苗木も植えられるのを待っています。時期が来たらご連絡くださいね(^^)/

小川真理子 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です